Record China

ヘッドライン:

元アイドル女優グロリア・イップ、40歳で完全復帰か?大物俳優が橋渡し役―香港

配信日時:2013年7月5日(金) 22時10分
拡大
4日、80年代の日本で香港発アイドルとして人気を誇った女優グロリア・イップが、俳優エリック・ツァンのプロデュースするドラマで女優復帰する可能性が色濃くなっている。

2013年7月4日、80年代の日本で香港発アイドルとして人気を誇ったグロリア・イップ(葉蘊儀)が、女優復帰する可能性が色濃くなっている。俳優エリック・ツァン (曾志偉)のプロデュースするドラマがその第1弾となる見込みだ。新華網が伝えた。

グロリアは1988年、日港合作映画「孔雀王」に主演。その可愛らしさはアジア全域で脚光を浴び、日本でも数多くのファンを獲得した。日本でシングルCDをリリースし、写真集も出版している。その後、95年に22歳の若さで実業家と結婚し、引退。2児を出産したものの、夫の浮気が原因で2000年に離婚。現在、香港でねんど細工のアートスクールを経営している。

第2子の出産直後に夫の浮気が発覚し、一気に離婚へと話が発展した。当時、赤ちゃんにミルクを与えながら泣く日々が続いたというが、そんな離婚のゴタゴタの中で彼女に手を差し伸べたのが、大物俳優エリック・ツァン。養育費ももらえない状況で2人の子供を育てるグロリアを応援し続け、13年の間、彼女に仕事を紹介したり悩みを聞いたりと、親身になって支えてきたという。

そんな中、彼女に女優復帰のチャンスが巡ってきた。香港最大手のテレビ局・無線電視(TVB)が、無料テレビ参入で激化する視聴率争いの中、トップの地位を守るために画期的な企画を準備していることがその背景にある。そのプロジェクトの一環で、プロデューサーを務めるエリックが、自身の人脈から香港スターを集めたドラマを製作するという。タイトル「舞室保衛戦」と伝えられるドラマには、90年代のアイドル女優に混じって、グロリアの名前もキャストの中に挙がっている。

グロリアはこのオファーを快諾したと言われる。40歳にして完全な女優復帰を果たす可能性が濃厚だが、ここ数年、かなり太った姿をさらしては“おばさん化”を指摘されてきた。どんな姿で復帰してくるのかも気になるところだ。(翻訳・編集/Mathilda)

関連記事

ランキング