Record China

ヘッドライン:

東京パラリンピックのメダル、韓国メディアが「旭日旗に似てる」と問題視

配信日時:2019年8月27日(火) 14時20分
拡大
27日、韓国メディア・ニュースワークスは「2020年東京パラリンピックのメダルのデザインが旭日旗に似ている」と指摘した。写真は東京五輪・パラリンピックのエンブレム。

2019年8月27日、韓国メディア・ニュースワークスは「2020年東京パラリンピックのメダルのデザインが旭日旗に似ている」と指摘した。

国際パラリンピック委員会は25日、2020年に開催される東京パラリンピックのメダルを公開した。メダルのデザインは、中心にパラリンピックの公式ロゴがあり、下部から直線が放射線状に広がっている。デザインのコンセプトは「扇」で、委員会は「パラリンピック競技が多様な精神と心をつなぐ共有体験を提供し、世界に新鮮な風を送るという意味」と説明している。

しかし、このデザインについて記事は「丸い形の公式ロゴを下に移すと旭日旗に似ている」と指摘している。韓国で旭日旗は「日本の軍国主義の象徴」としてタブー視されている。韓国の広報活動をする誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は「日本は過去にもW杯や夏季五輪などの代表ユニフォームに旭日旗デザインを使った」とし、「日本は最近、外務省や防衛省のHPの広報ページで旭日旗の正当性をPRする動きも見せている」と指摘したという。

これを見た韓国のネットユーザーからも「どう見ても旭日旗」「見た瞬間に目を疑ったよ」「他の被害国と共に抗議するべき」「優勝しても韓国の選手はメダルを首にかけられない。出場しない方がよさそう」「韓国はすぐにボイコットを宣言しよう」など批判の声が上がっている。一方で「扇だって言ってるじゃん」「拡大してみたら扇にしか見えない」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

いまだにもめる平昌五輪施設の活用問題、予想外の赤字規模に「当惑」=韓国ネットからはため息

18日、韓国メディア・プレシアンなどによると、平昌五輪の一部施設の事後活用問題が1年以上解決しない中、運営主体が未定の三つの施設の赤字規模が当初の計画よりはるかに膨れ上がり、数十億ウォンに達することが分かった。写真は平昌五輪のPRポスター。

Record China
2019年8月19日 14時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング