Record China

ヘッドライン:

日中韓がクリスマスに首脳会談か、韓国は「あいまいな」答え―米華字メディア

配信日時:2019年8月27日(火) 12時10分
拡大
26日、米華字メディア・多維新聞は、日中韓がクリスマスを軸に3カ国首脳会談を行うよう調整していると報じた。

米華字メディア・多維新聞は26日、日中韓がクリスマスを軸に3カ国首脳会談を行うよう調整していると報じた。

記事はまず、日本のメディアの報道に基づき、「外交筋の話によると、日中韓は現在、クリスマス(12月25日)を軸に3カ国首脳会談を行おうと調整している。今月21日に北京で開かれた3カ国外相会談の場で話し合いが行われた模様だ」と指摘。さらに、「今月22日に河野太郎外相は李克強(リー・カーチアン)国務院総理と対談した際、12月に中国で行う日中韓首脳会談への準備を着実に進めていくと述べた」とした。

記事はまた、「クリスマスを選んで3カ国首脳会談を行う場合、中国が翌年の経済政策の方針を決めるために開く中央経済工作会議も終わり、日本の翌年度予算方案の調整も終了している。韓国についても日程上特に衝突することはない」と指摘。一方で、「今も続く日韓両国の緊張関係を鑑み、韓国の大統領府は発言を保留した」と韓国側があいまいな返答をしたことを伝えた。韓国大統領府のスポークスマンである高[日文]廷(コ・ミンチョン)氏は26日、「日中韓首脳会議の日程はまだ確定していない」と述べた。

韓国・聯合ニュースの26日の報道によると、すでに慣例となっている日中韓首脳会談について、韓国の大統領府関係者は今月5日に「現在まさに日程を調整している」と明かし、日本の外務省関係者は「日韓関係が冷え込んでいるが、日中韓は協力を続けていく必要がある」と話した。聯合ニュースは一方で、「3カ国首脳会談が行われても、その場を借りて日韓首脳が2国間会談をするのは難しいだろう」と指摘した。(翻訳・編集/岩谷)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング