韓国美容整形業界の潜在的な危険―中国メディア

配信日時:2019年8月27日(火) 0時40分
韓国美容整形業界の潜在的な危険―中国メディア
画像ID  1120274
26日、中国メディアの第一財経は、「韓国美容整形業界の潜在的な危険」とする記事を掲載した。写真はソウルの狎鴎亭駅にある美容整形広告。
2019年8月26日、中国メディアの第一財経は、「韓国美容整形業界の潜在的な危険」とする記事を掲載した。

記事はまず、世界を席巻した韓国のラップミュージシャンPSY(サイ)の「江南スタイル」で有名なソウル市の江南地区に含まれる江南区と瑞草区には、市の発表によると美容整形外科医院が約300カ所、皮膚科医院が約180カ所あり、両区の病院総数の6割近くを占めること、韓国の保健福祉部と文化体育観光部によると、2018年に韓国の医療機関を訪れた外国人患者は前年比17.8%増の延べ37万9000人に上り、うち皮膚科と美容整形外科を訪れた人が全体の3割近くを占めること、2018年に韓国の医療機関を訪れた中国の患者は約10万人で、外国人患者総数の31%を占めることなどを紹介した。

その上で、「韓国美容整形業界の潜在的な危険」として、「医療仲介機関と医療機関の無資格外国語カウンセラーの多さ」と「美容整形でトラブルに遭った際の権益保護の難しさ」を挙げた。

「医療仲介機関と医療機関の無資格外国語カウンセラーの多さ」については、「韓国では2015年から医療仲介機関と医療機関の外国語カウンセラーに対する資格認定制度が実施され、毎年1万人近い資格取得者が誕生し、その66%が中国語カウンセラー資格の取得者だ」と紹介。その上で「少なくない数の医療仲介機関と医療機関が資格を持たないカウンセラーを採用している。記者が江南地区の美容整形外科の中からランダムで4カ所を選んで問い合わせたところ、3カ所のカウンセラーは資格証がないことを認め、残り1カ所のカウンセラーは『同僚は資格証を持っているが、自分はない』と答えた」と伝えた。

「美容整形でトラブルに遭った際の権益保護の難しさ」については、韓国医療紛争調停仲裁院によると、同院が設立された2013年から18年末までに受理した外国人患者関連の医療紛争申請件数は計810件に上り、申請者の国籍別では中国が538件と全体の7割近くを占めたこと、診療科目別では美容整形外科が最も多いことを紹介。その上で「申請件数は年々増え続ける一方で、調停成功率は常に40%前後を行ったり来たりしている」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • DRO***** | (2019/08/27 10:19)

    >毎年1万人近い資格取得者が誕生し、その66%が中国語カウンセラー 失業者の多い国だから、唯一の成長エンジンか。 訪韓旅行者の50人に1人が、整形なのか。歪な横顔の、整形大国。 儒教では、親から貰ったモノを、加工しても許されるんだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/08/27 01:35)

    美容整形の危険さについては実は日本の美容外科も大差はない、まず医師が初めから美容整形外科を志した者は少なく、重大な医療事故を起こしたり不正行為の為に保険医の資格を剥奪されてやむを得ず美容外科に転身した超ヤブ医者が多く医療事故が頻発に発生しているが、美容外科にはクレーム対応専門の部門がありクレームを言って来る客には金を掴ませて黙らせるし、また高須クリニック等テレビ局のスポンサーになっている美容外科も多いので不祥事があってもニュース番組で放送出来ないのである、だから事故や病気の後遺症で二目と見れない姿になったならともかく、まあまあまとも以上の顔の持ち主なら素人考えで顔をいじろうとしない方が安全である
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事