トランプ大統領、対中貿易戦争を後悔?ホワイトハウス報道官がすぐさま否定

配信日時:2019年8月26日(月) 17時20分
トランプ大統領、対中貿易戦争を後悔?ホワイトハウス報道官が否定
画像ID  1120223
25日、AFPなどによると、フランスでのG7サミットに出席したトランプ米大統領が中国との貿易戦に後悔を示したと報じられたことについて、米ホワイトハウス報道官がすぐさま否定した。写真はビアリッツ。
2019年8月25日、AFPやボイス・オブ・アメリカによると、フランスでのG7サミットに出席したトランプ米大統領が中国との貿易戦に後悔を示したと報じられたことについて、米ホワイトハウス報道官がすぐさま否定した。

記事は、トランプ大統領が25日にG7サミット会場のフランス・ビアリッツでジョンソン英首相と朝食会を行った際、中国との衝突のエスカレートについて記者から質問を受けたトランプ大統領が「あらゆることに躊躇は覚えている」と語ったことが、「米中貿易戦争に対して後悔の気持ちを持っている」と報じられたと紹介した。

そして、これに対して米ホワイトハウスのグリシャム報道官が「トランプ大統領の発言が広くミスリードされている。中国から輸入する製品に対し、もっと高い関税をかけていないことを後悔しているという意味だ」とコメントしたことを伝えている。

記事は、今回のG7サミットはテーマをめぐる各国の意見の食い違いが非常に大きく、開催国のフランスは当初より通常行われる閉幕声明への署名の部分を実施しない姿勢を見せてきたと伝えた。

また、サミット開幕前にマクロン仏大統領やジョンソン英首相、欧州理事会のトゥスク議長が貿易戦争の回避を呼びかける発言をしていたことを紹介した。

記事はさらに、「サミットに出席した他国の首脳から貿易政策を批判されたか」との記者の質問に対して、トランプ大統領が「全くない。何も聞いていない」と否定したことを併せて伝えている。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/08/26 20:19)

    アホの子トランプは中国を「ちょっと脅せばすぐ折れる」とでも見てたんだろ。中国を甘く見過ぎたんだよ。 習 近平に「期限」は無いが、トランプは再選しないとロシアゲートって名の時限爆弾が炸裂するからな。長引けば不利なのはハナっからアメリカ、というかトランプの方だったんだよ。 まあ、トランプには安倍っていうケツ持ち、というかケツ舐めが居るんでね。 今回も中国に売り付ける予定のトウモロコシが大量に余ったんで、急遽日本に買い取らせる事で事なきを得たんだが。 NHK辺りの報道では、日本のトウモロコシが「虫に食われた」からアメから買うって事にした、みたいな事を言ってたけどね。 凄えな、中国から飛蝗でも飛んできたのかよと。 安倍を批判すると大体ネトウヨ辺りから「売国奴」とかって罵られる訳なんだが、もっと明確にアメに国を売ってる奴が国家元首やってるんだがな。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事