Record China

ヘッドライン:

中ロ共同開発のC929旅客機、性能はエアバスやボーイングに匹敵―中国メディア

配信日時:2019年8月25日(日) 16時20分
拡大
中国メディアの環球網は2019年8月23日付で、中国とロシアが共同開発するC929旅客機は、主要性能が最新のエアバス機やボーイング機に匹敵すると紹介する記事を掲載した。写真はC929の想像図。

中国メディアの環球網は2019年8月23日付で、中国とロシアが共同開発するC929旅客機は、主要性能が最新のエアバス機やボーイング機に匹敵すると紹介する記事を掲載した。

記事はまず、C929向けエンジンのPD-35を開発するロシア企業の統一エンジン製造が、C929の最大離陸重量は245トンであることを明らかにしたと紹介。中国が開発し現在試験飛行を行っているC919旅客機の最大離陸重量は72.5トンなので、C929は約3倍になるという。

記事は、C929のライバル機であるエアバス社のA330-900の最大離陸重量は251トン、ボーイング社のB787-9は247トンなので、C929は離陸重量について同等の性能と論じた。

これまでに発表された資料によると、C929は乗客280人を乗せ、航続距離は1万2000キロメートルという。記事は、A330-900は260~300人の乗客を乗せ航続距離は1万3400キロメートル、B787-9は296人の乗客を乗せ航続距離は1万4000キロメートルと紹介。

旅客機の場合、基本タイプに加えて胴体の長さを延長するなどで大型化したタイプも開発される場合がある。記事は、C929の大型タイプが開発されれば、A330-900やB787-9を「全面的に超越」することになると論じた。

統一エンジン製造の幹部は、PD-35について、最大推力は35トンで、2027年には型式証明を取得する予定と説明。統一エンジン製造はさらに強力なエンジンのPD-38も開発しており、C929の大型タイプの機体に使用するよう提案しているという。

記事によると、英国のロールスロイスはTret 7000エンジンで、米GEはGEnxエンジンで、C929への採用を狙っている。また、中国航空発動機集団も自社製エンジンでC929の「エンジン採用レース」に参加するという。

記事は、C929の開発にあたっては、技術面の難しさに遭遇することは当然とした上で、ボーイングとエアバスは将来の競争に圧力を感じていると主張し「未来の国際民間旅客機市場が、欧米の2社だけが手にしている状況であることはあり得ない」と論じた。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

わが国は早期警戒機開発で「専門家多数が犠牲」になる猛努力、機種数は米国を抜き機数も世界第二―中国メディア

23日、新浪網は自国の早期警戒機を紹介する記事を掲載。開発に当たって搭乗した「電子の専門家30~40人が犠牲になる」などの状況すら出現するほどの猛烈な努力を重ね、機種数が米国を抜き、機数は世界第2位と誇らしげに論じた。写真はKJ-2000早期警戒機。

Record China
2019年4月26日 17時20分
続きを読む

アジア最大の航空機格納庫、鉄骨構造が完成=サッカー場5個分の広さで大型旅客機12機を収用可能―北京市

北京新空港(北京大興国際空港)で3日午前、建設中の格納庫の鉄骨が屋根部分まで組み合わされたた。サッカー場5個分の大きさで、世界最大の旅客機であるエアバスA380やボーイングB777など航空機12機を同時に収容できることになるという。

Record China
2018年9月5日 9時20分
続きを読む

天津発・海南行き旅客機、高度9800メートルで落雷―機首破損・レーダー失効も武漢空港への着陸に成功

天津発・海口(海南省)行きの天津航空旅客機が26日、高度9800メートルで飛行中に雷撃を受けた。同機は機首部分が損傷を受け、操縦席前の風防には無数の亀裂が走った。気象レーダーも機能を喪失したが、湖北省の武漢空港への着陸に成功した。

Record China
2018年7月27日 22時20分
続きを読む

ランキング