サッカー南北戦、想像を超える冷遇に韓国が激怒「まるで戦争中の捕虜」

配信日時:2019年10月21日(月) 17時20分
サッカー南北戦、想像を超える冷遇に韓国が激怒「まるで戦争中の捕虜」
画像ID  1119901
18日、韓国・SPOTVニュースは、サッカーのカタールW杯アジア2次予選、韓国対北朝鮮戦が行われた平壌での韓国代表の待遇について「北朝鮮は『敵』として韓国に接した」と報じた。写真は南北境界付近。
サッカーのカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選、韓国北朝鮮戦が15日に北朝鮮の平壌で行われた。韓国・SPOTVニュースは18日、韓国代表が14日に現地入りしてからの様子について「北朝鮮は『敵』として韓国に接した」と報じた。

記事によると、試合を終え北京を経由し17日午前0時45分に仁川国際空港に到着した代表選手らは多くが心身ともに疲労しており、取材に応じなかったという。記事は「後日、匿名の選手らから話を聞いた」として、現地での様子を伝えている。

それによると、平壌国際空港に14日午後4時ごろ到着した選手たちは、2時間ほど空港に足止めされた。搬入可能な荷物には制限があったことから、選手らの荷物は「着替えとユニフォーム程度」で、荷物検査はすぐに終わったものの、空港の外には出られなかったという。日が暮れてからようやくバスに乗り移動した選手らは、ホテルで休む暇もなくスタジアムに移動し、最終トレーニングを行った。選手らは、平壌市内の感想を「暗くてよく見えなかった」と語っており、記事は「できるだけ何も見えないようにしようという意図で(北朝鮮側が)選手を空港に足止めし、体力的にも疲れさせた」と指摘している。

平壌に滞在中は監視役が選手らに同行していたというが「監視役らは一切敬語を使わず、ぞんざいな言葉遣いで話してきたことも選手らを不愉快にさせた」と記事は伝えている。監視役は選手団のバスにも乗り込み、シートを倒させなかったり、選手らの座り方が悪いとすぐに制止したりするなど、バスでの過ごし方についても厳しくチェックした。選手らはホテルの外に出られず、スタジアムでもトイレは5人グループになり監視付きで行くことが許されたという。また、ホテルの従業員も不親切で、ホテル内の売店では選手らが声を掛けても対応は冷たかった。ただ、何人かの選手は菓子などの軽食を購入することができたという。

選手らは「(軍隊の)訓練所に来たようだった」「こちらを敵だと思っていると感じた」「人間扱いされていないと感じた」などとコメントしたという。敬語を使わないどころか無視された選手もいたといい、「選手を粗末にあしらい、徹底的に監視・統制するやり方はまるで戦争中の捕虜の扱いのようだ」と、記事は述べている。

試合も「想像以上に激しかった」といい、ある選手は「サッカーをしに来たのではなく、けんかをしに来たようだった」と語ったという。危険なプレーの連続に韓国選手も応酬したところ、北朝鮮側は暴言を吐くなどしたという。韓国選手らは「負けまいという北朝鮮の意思を感じた」と証言しており、記事は「試合ではなく戦争のような雰囲気だった」と伝えている。17日にメディア向けに上映された試合の映像では、北朝鮮が韓国を苦しめる試合展開だったが、「こうした圧迫が成功した背景には、ラフプレーに警告や退場が出ず、北朝鮮が望む流れになっていたことがある」としている。

主審はカタール出身のアブドゥッラフマーン・アル・ジャーシム氏だったが、選手らは「北朝鮮の雰囲気に、冷静にホイッスルを吹くことができなかったようだ」と語っている。孫興民(ソン・フンミン)選手も「負傷せずに帰ってこられたのは幸い」と話した。記事は「危険プレーが韓国選手を萎縮させた。負傷の危機に、身を縮めるしかなかった」と伝えている。

記事は「敵として対応された韓国代表選手らは、2020年6月4日に行われるリターンマッチに向け意気込んでいる」とし、「平壌での史上初のW杯予選南北戦は、南北選手の感情的な距離をさらに広げる結果となった。サッカーは戦争になった」と評している。女子W杯の南北共同開催、五輪共同開催などが進められている中で、こうした「北朝鮮での常識以下の対応」により、韓国民の間にも怒りが広がっているといい、南北が共に最終予選に進出し同組になれば再び平壌遠征を行うこともありえるだけに、記事は「協会は今回の遠征の問題点を徹底的にチェックし、再発防止策を講じる必要がある」と訴えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「なんてひどいんだ。完全に意図的な嫌がらせだ」「こんなことがあっても、まだ文在寅(ムン・ジェイン)は目を覚まさないのか。あきれるよ、まったく」「これが現実だ。文大統領は見ているか?」「北朝鮮は韓国より貧しい同胞だから助けるべきだと思っていたが、本当に腹立たしい。韓国のカネと時間で五輪やW杯招致を進めるのに、ただ同胞だという理由で北朝鮮が便乗することには反対する」「共同開催なんて冗談じゃない。韓国の主敵がどこなのか、忘れてはならない」「来年、北の選手たちは来られないだろう。そんなカネがどこにあるのか。政府よ、一銭も援助するなよ」「大統領はどう考えているのか。少なくとも、北に抗議する姿勢くらい、国民に示すべきではないのか」「自国民が事実上の監禁状態で捕虜扱いされていたというのに、韓国の大統領は何も言わない。かわいそうなのは国民だ」など、北朝鮮と、韓国政府への批判のコメントが殺到している。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/10/29 12:57)

    文大統領やその支持派と北は同床異夢ということでしょう。韓国では北と南は同一民族と教えていますが、実は別なのではないでしょうか?民族は固定したものではありません。人類は10万年まえの出アフリカの時点では皆兄弟でした。その後色々な地域に移動していき、民族が分かれましたが、枝分かれした民族が再び融合して新たな民族が生まれたりしており、生成消滅を繰り返しているのです。近代的意味での民族は19世紀に生まれました。それは王政が倒れたからです。王政時代には民族は存在しませんでした。朝・半島では近代に入ってから一度も統一国家は存在しませんでした。したがって近代以降半島に近代的意味での同一民族が存在したことはないのです。現在半島では新たに民族を形成中なのです。従って可能性として、統一されれば単一民族国家、分断のままなら2つの民族、場合によっては中国に吸収され新たな民族が形成されないで終わる可能性もあります。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/10/22 05:05)

    韓国チームの連中には「あんたらを心からもてなしていた(過去形)のは、日本だったんだよ(過去形)」と言ってやりたい、今後はまあそれなりの対応をしておけばいいだろう、所詮朝鮮 人だし
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/10/21 20:16)

    >こちらを敵だと思っていると感じた 北朝鮮と韓国の戦争が終結していない以上、 北朝鮮は韓国を敵国として認識しそういう教育になるのは当然じゃないのか? お前らが日本に対して理解不能な理由で敵国認定し反日教育してるよりも判りやすいよな >選手を粗末にあしらい、徹底的に監視・統制するやり方はまるで戦争中の捕虜の扱いのようだ ハハハハハ、ナイスジョーク! 太平洋戦争中、日本の捕虜収容所に収監され生き残れた欧米の捕虜が聞いたら発狂間違いなしだな 終戦後韓国人の監視員による暴行の数々が明らかにされてんだけど、韓国人監視員が行ったような暴行を北朝鮮で受けたとでも? そして日本人が中国やソ連で捕虜となったら徹底的な暴行を受け機密を喋らされた挙句に殺されんだよ >危険なプレーの連続に韓国選手も応酬したところ、 結局やってんじゃないかよ 被害者面してんじゃないよ!! 1910-77
    このコメントは非表示に設定されています。
    48 0

最新ニュースはこちら

SNS話題記事