【募集中】韓国語社内スタッフ

海外で販売の中国産中医薬材、97%に残留農薬=WHOが猛毒に指定する薬品も―中国紙

配信日時:2013年7月3日(水) 10時57分
海外で販売の中国産中医薬材、97%に残留農薬=WHOが猛毒に指定する薬品も―中国紙
画像ID  391106
1日、米国など7カ国で行われた中国産中医薬材の残留農薬サンプリング調査の結果、多くの中医薬材に農薬が残留しており、WHOが劇薬に指定している薬品も検出された。写真は中国の漢方薬材市場。
2013年7月1日、国際環境団体グリーンピースは、米国等7カ国で行った中国産中医薬原料の残留農薬サンプリング調査の結果を公表した。サンプルには各種の農薬が残留しており、世界保健機関(WHO)が劇薬に指定している薬品も検出され、大部分が欧州連合(EU)の基準を上回っていたことが分かった。法制日報が伝えた。

その他の写真

検査は、2012年11月から今年4月にかけて米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、オランダ、イタリアの7カ国で実施された。生薬として常用される菊花、クコ、金銀花、百合、三七、ナツメ、バラの7種類をそれぞれの国で購入してサンプル調査を行ったところ、サンプル36例のうち、35例で残留農薬が検出され、32例で3種類以上の農薬が検出された。また、半分以上のサンプルでWHOが劇物に指定しているカルボフラン、ホレート、トリアゾホスなどの農薬が検出され、26例でEUの基準値を超える残留農薬が確認された。

グリーンピースは中国政府に対し、農薬減量政策の徹底、使用の指導と監督の強化、エコロジー農業政策の推進と資金面での援助を呼び掛けた。また、世界に向けても、環境破壊につながる化学農業をやめ、エコロジー農業への転換を支援するよう呼び掛けている。

グリーンピースの関係者は「中医薬材は中国や海外で多くの支持者と消費者を得ており、西洋や海外に住む中国人が自然食材として、あるいは治療のために買い求めている。しかし、今回の調査の結果、中医薬材は農薬の乱用によって化学農業の『犠牲者』と化しており、使用者の健康に対する潜在的脅威となっている」と指摘した。

グリーンピースの調査によると、中国国内市場の中医薬材にも深刻な残留農薬問題があるという。同組織は、末端での検査と政策での制限だけでは不十分で、栽培の段階で根本的に解決しなければならない問題だと述べている。(翻訳・編集/岡本悠馬)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事