日本とのGSOMIA破棄も影響?韓国軍の「情報収集力」がまた問題に

配信日時:2019年9月13日(金) 6時20分
日本とのGSOMIA破棄も影響?韓国軍の「情報収集力」がまた問題に
画像ID  1119438
12日、韓国軍の「情報収集力」に不安の声が上がっている。写真は南北境界・板門店。
2019年9月12日、韓国軍の「情報収集力」に不安の声が上がっている。

韓国・朝鮮日報によると、韓国軍は10日、「北朝鮮が安南道・ケチョン一帯から東側に向けて短距離飛翔体を2回発射した」と発表した。しかし北朝鮮が11日に公開した写真を見ると、移動式発射台車両(TEL)に搭載された4本の発射管のうち3本の蓋(ふた)が開いていた。発射前の写真では4本とも蓋が閉まっていたという。これについて、記事は「写真が正しければ、韓国の情報当局が放射砲1発の軌跡を把握できずに間違った発表をしたことになる」と指摘している。

軍内外では「韓国軍の情報収集力にまたも問題が生じたのではないか」との声が上がっているという。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ事務局長は「1発は軍の探知レーダーからすぐに消えて正確な判断ができなかったため、2発発射されたと発表したのではないか」と話した。情報当局は今年数回にわたり、北朝鮮の挑発行為について発表する際にミサイルの発射数や射程距離を間違えて発表し批判を浴びていた。

軍関係者は「今のところ北朝鮮は2発発射したというのが米韓情報当局の判断。今後さらなる分析が必要だ」と話したというが、一部からは「韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定した後、米韓当局の情報交流に問題が生じているのではないか」との指摘も出ているという。

これに韓国のネットユーザーからは「こんな状態でなぜGSOMIAを破棄したのか」「日本からの情報は必要ないと言っていたのに!」「日本からの情報がなければ2発か3発かも分からないの?米国も韓国には正確な情報をくれないんだね」など落胆する声が上がっている。中には「日本とのGSOMIAを破棄してタイと結んだのだから、今後はタイに尋ねればいいよ(笑)」「北朝鮮に電話して直接聞いたらいい。これまで国民の税金を使ってさんざん支援してきたのだからそれくらいできるはず」と皮肉交じりの声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事