Record China

ヘッドライン:

“台湾版アカデミー賞”で中国映画がとうとうゼロに

配信日時:2019年8月23日(金) 19時0分
拡大
22日、今秋開催の“台湾のアカデミー賞”こと金馬奨について、応募作品の中で唯一残っていた中国映画「少年問道」が参加を取りやめることに。これで今年の金馬奨から全ての中国映画が姿を消したことになる。写真は昨年の金馬奨より。
(1/2枚)

2019年8月22日、今秋開催の“台湾のアカデミー賞”こと金馬奨(台北金馬影展/ゴールデン・ホース・フィルムフェスティバル)について、応募作品の中で唯一残っていた中国映画「少年問道」が参加を取りやめることになった。これで今年の金馬奨から全ての中国映画が姿を消したことになる。

56回目を迎える金馬奨は、中国語映画を対象にした中華圏を代表する映画祭の一つ。今年は11月23日に台北市で授賞式が行われる予定だ。

今年の金馬奨については今月初め、中国国家電影局(China Film Administration)が中国本土からの映画および映画人の参加を取りやめることを明らかにした。昨年の授賞式で、台湾と中国からそれぞれ領土問題をめぐる発言があり、騒ぎに発展したことが理由の一つとみられている。

この発表により中国映画、および一部の香港映画が一斉に出品を取り下げたが、ドキュメンタリー作品「少年問道」が中国映画で唯一残っており、メガホンを執った女性監督のチュー・ユー(朱[日/立])は、「金馬奨から拒否されることがない限り参加する」と表明していた。

しかしこのほど、チュー監督が中国版ツイッターを通じて、出品を取りやめることを明らかにした。チュー監督は中国版ツイッターで、ネットユーザーから数々の「提案」や「声」があったと記しており、脅威にさらされ身の安全を確保できないと感じたこともあったという。こういった被害については、法律に基づいて対処していくことも明かしている。

近年、非常に勢いのある中国映画だが、今年のベルリン国際映画祭で最優秀男優賞と女優賞を獲得した「地久天長」(So Long、My Son)や、ベネチア国際映画祭でコンペティション部門に選出されている「サタデー・フィクション」(蘭心大劇場)といった注目作が、軒並み出品を取り下げている。(Mathilda

その他の写真

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ジャッキー・チェン×シュワルツェネッガーの話題作「龍牌之謎」、「今年最高の駄作」と早くもダメ出しの声

19日、今月16日に封切られたジャッキー・チェンの最新作「龍牌之謎」(ザ・ミステリー・オブ・ドラゴン・シール ザ・ジャーニー・トゥ・チャイナ)が、近年のジャッキー・チェン映画の最低興行収入記録を更新するのではないかと見られている。

Record China
2019年8月19日 15時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング