韓国が日本とのGSOMIA破棄!日本は韓国がここまでするとは思わず―中国メディア

配信日時:2019年8月23日(金) 10時20分
日本“衝撃”?韓国がここまでするとは思わず―中国メディア
画像ID  1119407
中国メディアの環球網は23日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定の破棄を発表したことについて、「日本は韓国がここまでするとは思っていなかった」と伝えた。
中国メディアの環球網は23日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を発表したことについて、「日本は韓国がここまでするとは思っていなかった」と伝えた。

韓国大統領府の金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長は22日に会見し、破棄の理由について、日本政府が韓国を輸出優遇国(ホワイト国)リストから除外したことを挙げ、「こうした状況で、安全保障において敏感な軍事情報を交換する協定を維持することは、国益にかなわないと判断した」と説明した。

記事は、「日韓の歴史問題は経済貿易分野の厳しい対立にまで発展。両国関係は国交正常化以来最低レベルにまで落ち込んでいた。破棄の知らせを聞いた安倍晋三首相の表情は重く、河野太郎外相は南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を呼び出し抗議した。韓国による協定破棄は、日米韓軍事同盟にも影を落とす」などと伝えた。

その上で、「事前のメディアの大方の予測では、韓国は実際には協定を破棄しないだろうとみられていた。日本の各メディアは速報で韓国の決定を伝え、中には“衝撃”と報じるところもあった」などと紹介。佐藤正久外務副大臣が「愚かだ」などと述べて、韓国を批判したことを伝えた。

記事は韓国メディアの報道も紹介。京郷新聞は22日の社説で「文在寅(ムン・ジェイン)政権の決定は確かに当初の予想を超えるものだった。日韓関係のさらなる悪化を招き、韓米関係にも冷たい空気が流れることが予想できる」と報じた。国民日報は「文大統領は光復節の演説で対話の雰囲気を演出したが、また元に戻ってしまった。日本は予定通り、韓国を『ホワイト国』から除外するだろう」とし、「韓国外交界では、両国の対立が不可逆的な局面を迎えており、互いに強硬に対峙(たいじ)する雰囲気はしばらく続くだろうとの見方が支配的だ」と伝えているという。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事