時速500キロの「スーパー高速鉄道」、来年にも設計案―中国メディア

配信日時:2019年10月31日(木) 7時20分
時速500キロの「スーパー高速鉄道」、来年にも設計案―中国メディア
画像ID  1119051
30日、中国メディアの澎湃新聞は、時速500キロの「スーパー高速鉄道」の設計案が来年にも出される見込みだと伝えた。写真は中国の高速鉄道。
2019年10月30日、中国メディアの澎湃新聞は、時速500キロの「スーパー高速鉄道」の設計案が来年にも出される見込みだと伝えた。

記事は、23日に湖南省株洲市で行われた「世界をつなぎ、未来を動かす」エコ動力装備国際トップフォーラムで、スペインのZeleros Hyperloopの共同創業者であるファン・ビセン氏がスーパー高速鉄道について言及したことを紹介。同氏は「交通は世界の二酸化炭素が排出される主要な場所である。我々はもっとエコな交通が必要であり、輸送ニーズが高まっている中で、スーパー高速鉄道は良い選択だ」と語った。

同氏のチームはこれまで3年間「スーパー高速鉄道」のサブシステムの最適化を行っており、来年に設計案を出すことを予定している。今後は世界の各都市から実車でのテスト地を選ぶ予定で、中国の都市も有力な候補地に挙がっているという。同氏はまた、「スーパー高速鉄道は早急に規格化する必要があり、より多くの国際協力と共同研究によるスーパー高速鉄道の規格化に期待したい」と語っているという。

記事は「近年、スーパー高速鉄道がホットな話題となっている」と指摘。「磁気浮上式と低真空を合わせたこの交通方式は、超高速、安全、低エネルギー、低騒音、低汚染などの特徴がある。同氏は、先進的な交通システムであるスーパー高速鉄道は、高速鉄道の上限を突き破ることができ、現在のところの理想速度は時速500キロ~1000キロの範囲と考えているようだ」と伝えた。また、「スーパー高速鉄道の複雑さは主に車両製造であって基礎設備ではないため、運営コストと建設コストを抑えることができる」とも伝えている。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ユパミ***** | (2019/11/01 02:14)

    中国はそれで無くても新幹線のパクリと言われ続けてなんとか払拭したい為に新幹線の海外進出を妨害し続けた 更に日本のリニア開業が近づき 海外進出されたら困るのだろう 今から日本のリニアの海外進出の邪魔の為にあの手この手である 車輌だけ造ってみだり(車輌造るより路線造る方が確実に難しい)なんとか日本にだけは負けたくないの一心だろう 相当な焦りも有りそうだ 日本のリニアは実験場とはいえ既に走っているし 公開もされている このような状態で焦って造るリニアに何が一番欠けるかと言えば安全性だろう そんな物に乗せられる国民こそ不幸だろう 第一中国の広さなら新幹線より飛行機の方が確実にコストも安いだろう その飛行機も米国の検査に通らず国内のみしか飛べないのだが どれ程安全性を軽視するんだろうか
    このコメントは非表示に設定されています。
    9 0
  • はやぶ***** | (2019/10/31 12:19)

    また青ボタン攻撃か…↓
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/10/31 09:25)

    現状の高速鉄道でも責任事故頻発なのに、超高速のリニアモーターカーなど危険極まりないと思う、あと日本ではリニアモーターカーは車両も線路の敷設と維持も、かなり高額になると考えられているが、中国では「(線路の)建設コスト運営コストが(従来の高速鉄道よりも)安くなる」と考えているあたり、安全性信頼性に関する意識の低さは推して知るべしだろう
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事