Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】ツイッターとフェイスブックは「面目」を必要としないのか

配信日時:2019年8月21日(水) 22時0分
拡大
 米国のSNSであるツイッターとフェイスブックはこのほど、自らのプラットフォームにある1000近くのアカウントを排除すると宣言し、それらのアカウントが「香港のデモについての『デマ情報』を広めて」おり、それらが「中国当局の支持を得ている」と表明した。しかし注意深いネットユーザーなら...
(1/3枚)

 米国のSNSであるツイッターとフェイスブックはこのほど、自らのプラットフォームにある1000近くのアカウントを排除すると宣言し、それらのアカウントが「香港のデモについての『デマ情報』を広めて」おり、それらが「中国当局の支持を得ている」と表明した。しかし注意深いネットユーザーなら、ツイッターやフェイスブックがアカウントを排除した理由とはまさに、書き込みや画像を通して香港を乱す者が立法会に突入するなどの客観的な情報をシェアしたことだったと分かる。このように見境なく事態に「乱入」したということは、ツイッターやフェイスブックにとって「面目」は本当に必要ないということなのだろうか。

その他の写真

 ツイッターやフェイスブックはその一方で、香港警察を侮辱し、香港の暴力過激分子の暴行を美化し、中国政府を中傷する大量の言論に対しては門戸を開き、堂々と横行させている。ひどい場合には香港の暴力過激分子に対して、自らのプラットフォームを通して一連の行動計画を組織することすら許している。この種の米国の政治関係者が言うところの「言論の自由」がダブルスタンダードのやり方を用いることは、国際世論を驚愕させてしまうだけでなく、さらに問題なのは悪意を内包していることだ。その目的とは、客観的な正義の声を封じ込め、香港を乱す者を後押しして元気づけ、香港をかく乱することだ。

 「言論の自由」や「技術的中立性」を標榜するツイッターやフェイスブックが虚偽のベールをかなぐり捨てたのは、実際にはこれが初めてでない。ヒラリー・クリントン氏が米国務長官を担当していた時期、イランで政府転覆を目的とする街頭の騒乱が発生することを知る立場にあったツイッターはシステムの更新を24時間遅らせて、「イランの首都であるテヘランでの街頭抗議をする人々」にデモを実施するための「便宜」を与えた。意外にも、クリントン国務長官はこのやり方を「ネット時代における米国外交の基本モデル」と称賛した。

 米国は言論の自由を標榜する国だ。しかし、ツイッターやフェイスブックによるこのたびの香港問題についての振る舞いは国際社会に向けて、いわゆる「言論の自由」や「民主、公平、公正」とは米国の政治関係者の手中にあるカードでしかなく、「ダブルスタンダード」の手口を用いて、白を黒と思いのままに逆転するために用いるものであることを改めて示した。(CRI論説員 徐艶清)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】経済貿易問題を政治化するたくらみは必ず失敗する

 米国のペンス副大統領は19日、ミシガン州デトロイトで開催された経済クラブのイベントで演説し、米国は「中国国民を非常に尊重している」と述べた上で、米国が中国と経済貿易問題で合意を達成するには、中国側が1984年に署名した「中英共同声明」に盛り込まれた香港の法律の完全性を尊重するこ...

CRI online
2019年8月20日 18時15分
続きを読む

【CRI時評】関税というムチは米国の景気後退リスクを激化させる

 米国国債市場ではこのほど、10年物国債の利回りが2年物の利回りを下回る異常な現象が発生した。投資家は同現象を、米国の景気後退についての重要な事前警報と見なしている。これに対して米国政府の顧問らは18日、多くの番組に出演してかわるがわる、「米国経済に景気後退は認められない」と表明...

CRI online
2019年8月19日 22時0分
続きを読む

CCTVニュース番組、通訳泣かせの言葉が続出

 中国中央電視台(CCTV)のニュース番組「新聞聯播」はこのところ大変注目されており、特に「CRI時評」と「CCTV論評」はユーモアかつ辛辣な言葉で人気を集め、番組の視聴率がかなり上昇しています。こうした状態はここ20年間近く見られなかったもので、ニュースが10代や20代の若者た...

CRI online
2019年8月19日 15時35分
続きを読む

シンガポール、麻薬の乱用問題に苦しむ米国を批判

 シンガポールの新聞「海峡時報」は、馮元良元編集長の「関税、麻薬類、アヘンの奇妙なつながり」と題した文章を掲載し、「トランプ大統領は、国内の麻薬問題を世界の二大経済大国における貿易問題に結びつけている」と指摘しています。 これによりますと、「全世界で中米両国の新たな貿易交渉が順調...

CRI online
2019年8月19日 15時25分
続きを読む

【CRI時評】フェデックスの法のかいくぐりは必ず厳罰に

 福建省福州市警察は最近、福建のあるスポーツ用品企業が受け取った、フェデックスが運搬した米国のあるユーザーからの宅配便の包みの中に銃が入っていたとの通報を受けた。これはフェデックスに対する中国の関係当局による法に基づいた立件調査以降、再び発見された厳重な違法行為だ。 中国は銃器つ...

CRI online
2019年8月19日 10時45分
続きを読む

ランキング