<コラム>トンデモ抗日ドラマのルーツ『人奶魔巣』(1989)

配信日時:2019年8月22日(木) 23時10分
<コラム>トンデモ抗日ドラマのルーツ『人奶魔巣』
画像ID  1118894
2019年度の作品でなにかトンデモな抗日ドラマはないものかと、百度を漁っていたら、80年代の映画にブチ当たった。
●マニア歓喜か!?

その他の写真

以前、こちらに寄稿した通り、新作抗日ドラマの情報収集に苦労している。2019年度の作品でなにかトンデモな抗日ドラマはないものかと、百度を漁っていたら、80年代の映画にブチ当たった。検索キーワードは忘れてしまったが、「抗日劇」に「最燗的」や「奇吧」など良からぬワードを組み合わせて出てきた結果が『人奶魔巣』という作品だ。中国語で奶というのはミルク、またはオッパイ本体のこと、「人奶」で「母乳」、「奶奶」と二つ合わせるとなぜか「おばあちゃん」という意味になる。

古いマイナー映画なので、有名作品に比べ、あらすじや出演者の情報はほとんどないが、どうやら日本軍が中国女性を乳牛替わりに飼育するというようなことが書いてある。すでにこの段階でアタマの中は「???」と混乱してきた。ポンコツレーダーが異様に発達した筆者なので、これは大金脈を掘り当てたと思い、ワクワクしながらさっそく鑑賞してみた。(画像1 『人奶魔巣』VCDパッケージ)

●「87年商業片熱潮」

この映画の紹介をする前に、いわゆる「87年商業片熱潮」について説明したいと思う。「商業片」というのは商業映画、つまり金もうけが目的の映画である。それまで「主旋律」、「芸術」といった作品ばかりの中国映画界において、80年代に入ると改革開放の波で映画界も興行というものをしっかり意識しないと生き残れない時代となった。「主旋律」映画というのはいわゆる「紅色」、共産映画だ。

1980年代初頭より『珊瑚島上的死光』、『銀蛇謀殺案』といった娯楽に振った作品が人気を博し、大衆にとってつまらない「主旋律」映画とベクトルが全く違う「商業」映画はまたたくまにスクリーンを席巻した。1987年には『京都球侠』『二子開店』『最後的瘋狂』といった人気作品も多数登場し大ブームを迎える。翌年1988年における「商業片」の割合は60%、1989年には75%にまでに急成長したほどの勢いであった。(画像2『京都球侠』)

こういった勢いのある時には「時代のあだ花」というカルト作品が登場するのは世界の定理。そのなかで登場したのが本作『人(女乃)魔巣』である。

この作品、制作したのは四川省の峨眉電影廠だが、最後のクレジットにあるように実際のスタッフは音像発行部という部門で、もともとはテレビ映画を意識して制作された模様。なので途中00:48:15あたりで「上集完」のテロップが入る。実際テレビ放映されたかどうか知りたいところだ。

●中国の掲示板でも議論

さすがに近年の日本兵を手で引き裂く『抗日奇侠』(2011)ほどネタにされているわけではないが、いわゆる「抗日神劇」の「鼻祖」(元祖)という指摘が多い。その理由は当代武侠ドラマ風の功夫アクション、ことあるごとに火薬を使った爆発、大げさなスタントマンの吹っ飛び具合といった現代の抗日ドラマでおなじみの表現が早くも1989年時点で採用されていることがあげられる。こういった映像表現は当然のことながら、肝心の脚本が荒唐無稽な設定であることに加え、衣装や道具類は時代考証を無視しているという、トンデモ抗日ドラマの王道を行く要素がもりだくさんなのだ。

このようなツッコミどころ満載の作品を中国のネット民が放っておくはずはなく、真面目な映画論も交え掲示板で議論したり、はたまたMAD動画を作成し動画サイトにアップしたりとこの作品を楽しんでいるようだ。(画像3 MAD解説動画)

また、主演女優の東方聞櫻は当時の中央電視台ドラマ『紅楼夢』にも出演していたそれなりに有名な女優。なぜこのような作品に出演したのか、掲示板に質問するネット民もいる。いずれにせよ古いうえ、B級作品なので関係者インタビューの記録があるわけでなく、かなり謎のある作品のため、この先も語り継がれるのは間違いない。

●その荒唐無稽なストーリーをかんたんに紹介

出産直後の女性が日本軍に連れ去られるという事件が各地で起こっていた。そんなとき、明らかに乗車定員オーバーのサイドカーで連行されている中国女性を救出のため、遊撃隊長の左林燕(女)はムチャクチャ機関銃を撃ちまくる。その後、日本軍将校を捕まえ、母乳の瓶(巨大)を発見する。なぜか突然サムライが登場し、遊撃隊とバトルもなくサイドカーに乗ってどこかへ行ってしまう。(画像4)

日本軍の基地には続々と中国人若ママが集められたうえ、看守のデブ女やサムライによる拷問や暴行が行われ、血が出るまで搾乳されていた。地下党員の王先生は黒田司令官や鈴木博士に近づき、日本軍の目的を探る。今風ぴっちりスキニーパンツでキメた偵察中の左隊長はサムライに捕まりそうになるも王先生に助けられ、一緒に日本軍の秘密を探り始める。(画像5)

日本軍基地で看護師募集となり、左隊長が潜入することになるが、最初の面接であっさり正体がバレて捕まり、拷問を受ける。さらには母乳促進剤を注射され搾乳されそうになるが、看護師(地下党員)の機転で難を逃れる。

王先生は鈴木博士をおびき出すと同時に、遊撃隊のスパイのあぶり出しに成功、遊撃隊の鉄妹(女)は鈴木博士の元愛人で日本人だったのだ。そして、なぜかいきなり和服姿になり、緋牡丹博徒のようにもろ肌脱いで鉄妹は切腹。(画像6)

王先生は鈴木博士から恐ろしい日本軍の「X計画」の目的を聞かされることとなる。「X計画」の前段階として中国の若ママを攫い、乳牛の代わりに母乳工場で搾乳、その母乳から成分を抽出し、粉ミルクに混ぜ日本の子供たちに飲ませるという、全く効率や生産性を無視したものだ。そして、「X計画」の最終目的は、母乳粉ミルクで日本の子供たちを育て、全ての民族を超えたユニバーサルソルジャーのようなスーパー人間を作り上げることだというのだ。「X計画」の真実を知った王先生と遊撃隊は母乳工場の破壊と若ママ救出のため、日本軍司令部に向かうのであった。 

●「ゲシュタポ収容所」モンド映画を思い出した

この映画、鑑賞しているときもアタマがクラクラしたのだが、前段のあらすじを執筆している最中も、自分で何を書いているか分からなくなりアタマがおかしくなりそうだった(笑)。そのとき思い出したのが、お色気、残虐シーン満載のナチスの強制収容所を舞台とした「ゲシュタポ収容所」モノ。そのほとんどはポンチ西部劇「マカロニウエスタン」を生み出したイタリア映画。残虐なナチス将校なのに話し言葉はイタリア語というズッコケぶりで、カルト人気を誇る作品ジャンルだ。(英語吹き替え版もあるので心配なくw)

このゲシュタポ収容所映画、1960年代末期から70年代にかけ、当時、粗製乱造の勢いで多数制作された。『人奶魔巣』に登場する看守のデブ女は有名な『イルザ ナチ女収容所 悪魔の生体実験』(1977)に登場するイルザ所長のオマージュではないかと思うほど。拷問シーンや暴力シーンも従来の中国「主旋律」映画とは桁違いの残虐性のため、年代的に「ゲシュタポ収容所」映画を監督が参考にした可能性があるかもしれないと思わせるぐらい、当時の中国映画としてはショッキングなシーンが登場する。「ゲシュタポ収容所」映画を中国的に解釈した作品と考えればスッキリと腹に落ちる。(画像7)

数多くあるイタリア映画の「ゲシュタポ収容所」作品と『人奶魔巣』を見比べ、パクリポイントを発見するのもおもしろそうだ。この作品、中国の大手動画サイト、YouTubeなどにアップロードされているが、画質が悪いものや、録画に失敗したのか動きがおかしいものがあるのでご注意を。

■筆者プロフィール:岩田宇伯
1963年生まれ。愛知県瀬戸市在住。前職は社内SE、IT企画、IT基盤の整備を長年にわたり担当。中国出張中に出会った抗日ドラマの魅力にハマり、中国語学習の教材として抗日ドラマを鑑賞。ブログ、ツイッターで中国ドラマやその周辺に関する情報を発信中。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事