中国のテレビ番組がまた!日本の人気お笑い芸人のネタを丸パクリか=中国ネット「もう恥知らずと言い疲れた」

配信日時:2019年8月21日(水) 16時40分
また!日本の人気お笑い芸人のネタ、中国の番組で「丸パクリ」される
画像ID  1118809
日本のお笑いに関する情報などを発信する中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントが20日、お笑いコンビ「さらば青春の光」のネタが中国で盗作されているとして、両者を比較する動画を掲載した。
日本のお笑いに関する情報などを発信する中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントが20日、お笑いコンビ「さらば青春の光」のネタが中国で盗作されているとして、両者を比較する動画を掲載した。

動画では、「さらば青春の光」が2013年に単独ライブで行ったネタ「辞表」と、今月10日に放送された番組「笑傲江湖」に出演した中国の芸能人が披露したネタを比較。「辞表」は、会社のプロジェクトに失敗した部下をクビにしたい上司と、クビにされると退職金が出ないため先に辞表を提出したい部下との軽妙なやり取りで笑いを誘うネタだが、“中国版”は展開からセリフまでがほとんど同じだ。

同アカウントは、「日本のお笑い芸人はパクりやすいのか?大会でパクり、バラエティー番組でパクり、恥ずかしげもなく自分で努力したと言う。努力とは何か、あなたたちは知っているのか?」などと批判している。

ネットユーザーからも、「本当に恥知らずだ」「吐き気がする」「まるっきり同じじゃん。しかも番組ではオリジナルだと言ってた」「ノンスタイル(NON STYLE)のネタもパクってたよ」「もう恥知らずと言い疲れた。日本の漫才こそみんなが見るものだ」といった声が上がり、中には「パクっているけど中国版は面白くない。演技がわざとらしくて、日本版ほどのリアリティーがない」と指摘する声も寄せられた。

中国では以前、お笑いコンビ「アンジャッシュ」のネタがたびたび盗作被害に遭っている。また、今月18日には別の番組で、大阪府立登美丘高校ダンス部の「バブリーダンス」に酷似したパフォーマンスが登場し、ネットユーザーから非難の声が上がっていた。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Yam***** | (2019/08/30 21:54)

    昔は、日本のテレビ制作者も芸能人も随分と米国のテレビ番組をパクってたよ。文化の伝搬は、流動性があって好かれるものであれば誰も止められないよ。模倣自体は悪いことではないからね。それがダメだということになると、どのようにして子供達を教育するのだろうか。習字の時間、先生の指示はこうなるのかな。「いいですかよいこの皆さん。お手本を見ながら、真似しないように書き写してください。」ということになるね。注意すべきは、お金と時間をかけた著作権などに関わる時は一言断りを入れれば済むことだと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アップ***** | (2019/08/21 19:40)

    でもそれを悪いことだと批判するような風潮になってるのは素晴らしいことだと思う まっとうな考えを持つ人が増えてきてる
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2019/08/21 19:01)

    何時のも事、批判される方だってキョトンとしているだろう。が本当は金払えよ^^
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事