Record China

ヘッドライン:

「日本のドライバーは歩行者に道を譲らない」と英国人教師―華字紙

配信日時:2019年8月23日(金) 11時40分
拡大
9日、日本の華字紙・中文導報は、日本の横断歩道に関する運転マナーについて論じた、在日中国人の文章を掲載した。

2019年8月9日、日本の華字紙・中文導報は、日本の横断歩道に関する運転マナーについて論じた、在日中国人の文章を掲載した。以下はその概要。

映画監督や役者として有名な北野武はもともとお笑い芸人で、かつて「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というギャグを口にしていた。しかし、長年日本に住んでいるが、そのような光景を見たことはない。

ところで先日、日本で大学教師を務める英国人が「日本のドライバーは信号のない横断歩道に人が立っていても止まろうとしない」という文章を新聞に寄稿していた。この英国人いわく、英国やオーストラリアでは絶対にありえないことだという。彼の日本人の妻も停車しないといい、その理由を「停車したことで歩行者が急いで渡ろうとして、反対側から来た車にぶつかるといろいろな人に迷惑がかかるから」と説明したそうだ。

一方、日本の小学生が横断歩道を渡った後にドライバーに対してお辞儀をするシーンがテレビなど紹介され、中国人から称賛を浴びている。しかし実は、日本の道路交通法では「明らかに歩行者や自転車がいない場合を除き、信号機のない横断歩道の手前で自動車は安全に停止できる速度まで落とさなければならず、人がいれば停止線で停止しなければならない」と規定されているのだ。法を守ることで感謝される国は、法治国家と言えるだろうか。

日本自動車連盟(JAF)が2017年8~9月に日本全国の94カ所で行った調査では、横断歩道で停車すべきところを停車した自動車は1万251台中わずか867台だったことが分かった。また、警察庁の統計によれば、17年の車対人の交通事故のうち3割は横断歩道を横断中に発生したことが分かっている。そのため、日本に旅行に来ても「自動車はみんな止まってくれる」という神話を信じてはいけない。

20年の東京五輪について、前述の英国人教師は「もし歩行者優先にできないのであれば、外国人観光客に対して『日本のルールは車が人に譲らない』ということを明確に伝えるべき」と皮肉交じりに提案していた。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング