日本は「不戦の誓い」を立てる裏で、こっそりと新たな軍事分野での発展を進めている―中国メディア

配信日時:2019年8月21日(水) 12時20分
日本は「不戦の誓い」の裏でこっそりと新軍事分野での発展進める―中国メディア
画像ID  1118760
20日、中国メディアの中国青年報は、「日本は不戦の誓いを立てる裏で、新たな軍事分野を含む軍備の発展をこっそりと進めている」と報じた。写真はいずも(出典:海上自衛隊ホームページ)。
2019年8月20日、中国メディアの中国青年報は、「日本は不戦の誓いを立てる裏で、新たな軍事分野を含む軍備の発展をこっそりと進めている」と報じた。

記事は、今月15日に東京で行われた全国戦没者追悼式で天皇陛下が「反省」の言葉を述べ、安倍晋三首相が改めて「不戦の誓い」を口にしたとする一方、「日本社会には依然として周辺国を脅威とする論調が渦巻いている」と紹介。そんな中で日本政府は「ひそかに自らの軍事力を発展させている」とした。

まず、海上自衛隊では昨年7月30日に射程距離2000キロのSM-3ブロックIIAミサイルを搭載する新世代のイージス艦「まや」が進水したのに続き、今年7月17日に同型の「はぐろ」が進水したことを紹介した。そして、2020年に「まや」が、21年に「はぐろ」が就役すると、海上自衛隊は8隻のイージス艦を持つことになると伝えた。

また、日本政府が秋田、山口両県を想定した陸上発射型イージスシステムの配備を進める姿勢を崩していないとしたほか、今月16日には防衛省がF-35B戦闘機42機を購入する計画を発表したことに言及。日本は現在「いずも」型護衛艦の空母化を推進しており、空母化が実現すればF-35Bを搭載することが予想されるとした。

さらに「新たな軍事分野」においてもひっそりと発展を進めているとし、人工衛星への電波妨害に対処すべく、防衛省が上空や宇宙を監視する新システムを搭載した装備の開発や、航空自衛隊に対衛星攻撃や宇宙ごみの監視部隊を設立する計画だと伝えている。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/08/21 15:57)

    日本は戦争なんかする気はありませんよ、ただ野蛮で凶悪で品性下劣な特ア三国やロシアに侵略されない為にガードするだけですけど何か文句ありますか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2019/08/21 12:54)

    どこの周辺国のせいだと思ってんだよ。 もともとソ連解体で弱体化したことで北方の防衛力とかは削減されてたのに。
    このコメントは非表示に設定されています。
    18 0
  • 日本人***** | (2019/08/21 12:44)

    『こっそり』とか『ひっそり』とか随分人聞きが悪い言い方するな。日本は中国とは社会体制も異なるので『公明正大』にやってますよ。そりゃ軍事だから機密にすべき点もあるけれど、日本ほどオープンにやっている国はないでしょう(オープン過ぎて地元との話が進まなかったり・不安な位だ)。  日本の軍備は周辺国の脅威に備えたり・国際秩序の維持に貢献するものだ。つまりは『戦争をしない為』のもので、総理の『不戦の誓い』と全く齟齬するものではない。
    このコメントは非表示に設定されています。
    24 0

最新ニュースはこちら

SNS話題記事