Record China

ヘッドライン:

逆・東方見聞録?イタリアを訪れる中国人が増加―英メディア

配信日時:2019年8月24日(土) 18時20分
拡大
2019年8月20日、環球時報は、英ロイター通信の19日付の報道を引用し、近年ではイタリアを訪れる中国人が増加していると伝えた。

記事は、「マルコ・ポーロは13世紀末に中国から帰る際、ベニスに紙幣という概念を伝えた。今では、中国人観光客がお金を持ってイタリア各地を訪れている」と紹介。旅行データ分析会社ForwardKeysのデータによると、「今年5月から8月の訪伊中国人観光客は前年同期比で31%も増加し、この増加幅はアジアトップ」になるという。しかし記事は、「イタリアが中国人に突然人気になったのは、芸術に対する興味が増加したというより、政治と密接な関係があるといった方がいい」と分析した。

その上で記事は、今年3月にイタリアは中国とインフラに関する覚書に署名し、主要7カ国(G7)の中では初めて中国の提唱する「一帯一路」に加入した国となったと指摘。この「一帯一路」はまさにマルコ・ポーロが歩いたシルクロードの21世紀版だと論じた。

また、「イタリアと中国はエネルギーや農業分野で合意したほか、20年を『中国イタリア文化観光年』と宣言。中国とイタリアをさらに多くの直行便で結び、中国人観光客はイタリアのビザを取得しやすくなる」と紹介。これもイタリアの魅力を増していると分析した。

記事は、「資金難にあえいでいるイタリア政府は、中国人観光客の助けをぜひとも利用したいところだ」と指摘。観光業はイタリアの国内総生産(GDP)の約13%を占めており、中国人観光客を満載した観光バスはこの比率をさらに押し上げるとみられるという。

ForwardKeysのデータによると、中国の海外旅行市場においてイタリアの占める割合は1.9%に過ぎない。マッキンゼー・アンド・カンパニーの予測によると、20年の中国人海外旅行者は1億6000万人に達し、3150億ドル(約33兆5000億円)を支出する見込みで、1人当たりの平均消費額は約2000ドル(約21万2000円)近くになる見込みだと記事は伝えた。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

イタリアがG7初の「一帯一路」参加、中国の経済的優位に警戒感=「EUの一体性尊重を」とマクロン仏大統領

イタリアがG7で初めて中国が提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」への参加を表明した。米国やEUは中国の経済的優位に警戒感を隠しておらず、フランスのマクロン大統領は「EUの一体性尊重を」とけん制した。写真はイタリア訪問した習近平主席。

Record China
2019年3月30日 15時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング