靖国神社に墨、中国人の男逮捕=中国ネット「ちょっと不思議」

配信日時:2019年8月20日(火) 10時50分
靖国神社に墨、中国人の男逮捕=中国ネット「ちょっと不思議」
画像ID  1118438
靖国神社の拝殿の幕に墨のようなものをまいたとして中国人の男が逮捕された事件が、中国でも大きく報じられた。ネットユーザーから反響が寄せられている。写真は靖国神社。
靖国神社の拝殿の幕に墨のようなものをまいたとして中国人の男が逮捕された事件が、中国でも大きく報じられた。ネットユーザーから反響が寄せられている。

報道によると、事件があったのは19日午後。警視庁は器物損壊の疑いで近くにいた53歳の自称中国人の男を逮捕した。男は容疑を認めているという。

事件について、中国では環球時報や鳳凰網、観察者網などの大手メディアがこぞって報じており、ネットユーザーの反響も大きい。

「警視庁が動機について調べている」と伝えられたことに対して、「(日本は)自分の心に聞いてみたものの分からないと?」といった声や、男を支持するようなコメントが並ぶ一方で、「こんなことする必要はない。恥ずかしい」「これはいけない。中国はもう発展した。強国としてあるべき姿勢を見せるべきだ」などと男を批判する声も上がった。

また、「日中が7年ぶりに戦略対話を再開したそばからこんなことが起こるなんてちょっと不思議」「もしかして香港独立派の仕業では?」「以前、日中韓自由貿易協定(FTA)が妥結に向かおうとした時に香港人が釣魚島(日本名:尖閣諸島)へ行った。今度は日中関係が回復に向かおうという時にまたこんなことが。陰謀論が出ない方がおかしい」といった声も少なくない。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/08/21 00:04)

    そもそも、靖国神社ってのは明治政府が富国強兵の為に国策として用意した神社だからね。 維新前まで「兵力」と言えば「侍」だった訳なんだが、維新後は身分制度が無くなり、出自が何であろうと「兵士」にしなければならなかった。出自が武家であれば「死ぬ事と見つけたり」が通用するが、戦と縁のない町民や農民はそういう訳にもいかない。だから、「死」に意味を与えてやらなければ「前線で踏ん張る兵士」が出来上がらない。 そこで、「英霊として祀ってやる場所」としての靖国が用意された訳だ。 そんな経緯を持ってる、在来の神道とは無関係の神社なんだから、戦後に廃止すりゃ良かったんだよ。そうすりゃ「A級戦犯がどうの」なんて問題が起こる事もなかった筈だ。 そしてこれまでも議論されている通りに、総合的な戦没者の慰霊碑でも用意すれば済んだ話だ。 因みに、明治政府に弓を引いた維新功労者西郷隆盛は靖国には祀られてないそうで。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/08/20 14:31)

    日本海を隔てて西側にある野蛮で凶悪で品性下劣な「恐怖政治が支配する独裁国家」特ア三国の連中には「議会制民主主義」で「公共の福祉に反しない範囲であらゆる自由が認められている文明国」に住んでいる日本人はとてもついていけないと痛感させられる
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/08/20 12:47)

    犯人は南京大学の教授だそうだけど南京と聞いて 昨年末に南京を忘れるなとか抜かして靖国神社に放火しようとした中国人アベックテロリストを思い出したよ ほんと特 亜の汚染物質たちは靖国神社の何を知ってるってんですかね
    このコメントは非表示に設定されています。
    53 0

最新ニュースはこちら

SNS話題記事