Record China

ヘッドライン:

シートリップが新千歳空港で同社初の日本国内サービスカウンターを開設

配信日時:2019年8月20日(火) 9時20分
拡大
中国最大手のネット旅行会社、シートリップが新千歳空港に同社初となる日本国内でのサービスカウンターを開設した(写真)。

中国最大手のネット旅行会社、携程旅行(シートリップ、Ctrip.com international)が新千歳空港に同社初となる日本国内でのサービスカウンターを開設した。19日付で発表した。

北海道を訪れる中国人観光客に対しての、観光案内、宿泊施設や電車の切符の手配などといった「オフライン」のワンストップサービスの提供が目的。シートリップの顧客以外にも中国語や英語で観光に関する相談や各種予約などのサービスを提供する。北海道は、東京、大阪、沖縄に次ぐ中国人観光客の人気の訪問先。中国各地と北海道を結ぶ直行便の数が増えており、冬には観光客がさらに増加すると予想されているという。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ヤマトが中国でEC事業向け自動搬送ロボット活用の物流サービス、その他

ヤマトホールディングス傘下の雅瑪多国際物流は、上海ロジセンターに自動搬送ロボットを導入し、EC事業を行っている企業向けの物流サービス提供を開始した。繁忙期にも問題の出がちな増員なしで対応できるという。写真はEC通販大手の京東(ジンドン)の仕分け風景。

Record China
2019年8月17日 14時20分
続きを読む

中国向け日本商品ECの「豌豆」が物産ストア「夏日北海道」をオープン、その他

中国人向けのECアプリの「豌豆(ワンドウ)」がストア「夏日北海道」をオープンした。北海道は中国人の間で人気が極めて高い旅先だ。写真は北海道札幌市の観光名所の「時計台」と、観光客の記念写真撮影を手助けするボランティアのシャッターマン。

Record China
2019年8月14日 9時20分
続きを読む

ランキング