中国スマホ、第2四半期の世界市場シェア42%に―中国メディア

配信日時:2019年8月19日(月) 13時50分
中国スマホ、第2四半期の世界市場シェア42%に―中国メディア
画像ID  1118197
18日、中国のニュースサイトの観察者網は、中国のスマートフォンメーカーの今年第2四半期の世界市場シェアは42%に上り、強い競争力を示したと報じた。資料写真。
2019年8月18日、中国のニュースサイトの観察者網は、中国のスマートフォンメーカーの今年第2四半期の世界市場シェアは42%に上り、強い競争力を示したと報じた。

記事はまず、人民日報の報道を引用。国際的な調査会社のIHSマークイットが発表した最新の統計によると、19年第2四半期の世界スマホ市場で、中国のファーウェイ(華為技術)のシェアは18%で2位となり、もう一つの中国ブランドのOPPOも米アップルを抜いて3位に入り、中国ブランドのシェアを合わせると42%に上ったと伝えた。

続いて、北京商報の報道を引用し、東南アジアのスマホ市場で、中国のOPPO、vivo、シャオミ(小米科技)、Realme、ファーウェイは今年第2四半期に前年同期比50%増の計1900万台を出荷し、シェアは62%に上ったと伝えた。

またIDCの5月のリポートによると、インド市場で、シャオミ、OPPO、vivo、Realmeがトップ5入りし、2位に入った韓国サムスン電子はトップ5で唯一の非中国系ブランドだったとも伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事