日韓貿易紛争が競馬にも飛び火!韓国国際レースで日本馬の招待中止―中国メディア

配信日時:2019年8月19日(月) 18時40分
日韓貿易紛争が競馬にも飛び火!韓国国際レースで日本馬の招待中止―中国メディア
画像ID  1118007
中国メディアの法制在線は8月16日、「日韓貿易紛争が競馬にも飛び火!韓国国際レースで日本馬の出走禁止」と題する記事を掲載した。
中国メディアの法制在線は8月16日、「日韓貿易紛争が競馬にも飛び火!韓国国際レースで日本馬の出走禁止」と題する記事を掲載した。

日本のメディアの報道によると、韓国馬事会(KRA)は韓国で開催されるレースについて、「日本の関係者の安全確保が難しい」ことを理由に招待を中止することを決めた。

記事は「韓国の二大高額賞金レースである『コリアカップ』(距離1200メートル、ダート)と『コリアスプリント』(距離1800メートル)は韓国馬事会の熱意で2016年9月11日に韓国のレッツランパークソウルのダートコースで初めて開催された」「初開催以来3年間、この二大レースでは日本馬が頻繁に勝利を飾ってきた。昨年は日本代表馬の『ロンドンタウン』がコリアカップでディフェンディング・チャンピオンの座を守っただけでなく、2位に15馬身という大差をつけ、人々に深い印象を残した。コリアカップでは2016年も日本馬が優勝している。『コリアスプリント』では、第1回レースで中国香港の代表馬「積多福」(Super Jockey)が勝利した以外、2017年と2018年のレースはいずれも日本馬が優勝している。中でも、2017年は武豊が騎乗した『グレイスフルリープ』が優勝。2018年は藤井勘一郎騎乗の『モーニン』が1分11秒50で優勝を飾った」と、両レースの開催の経緯や日本馬の活躍を紹介している。

記事は最後に「『コリアカップ』と『コリアスプリント』の二大レースは、韓国馬事会が中国香港、シンガポール、日本、アラブ首長国連邦、フランス、英国及びアイルランドなどの国と地域から出走馬を招待するとともに、2022年には国際G2レースへの昇格を目指している。日韓貿易紛争が勃発し、今後韓国の国際レースに日本馬が出走する可能性は閉ざされてしまった」と結んでいる。(翻訳・編集/坂下晃)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/08/28 12:27)

    すべてに八つ当たり。これこそファシズムの症状。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • DRO***** | (2019/08/20 17:18)

    姉妹都市や、交流事業のあちら側の、一方的中止の一環に過ぎない。 日本は、仕方ない と言って、手出しせず(不作為・不招待)を お返しすれば、あちらの切望する、断交状態実現。  恨まれることも、無くなって、双方 ウインウイン。 日本の子供の「みんな仲良く」の、騙され易い・お人好しが、 通用しない本音の世界を、小さい内から、学ぶのも重要な学習・インターン。 老いては、詐欺被害防止に役立つ。
    このコメントは非表示に設定されています。
    20 0
  • 日本人***** | (2019/08/19 23:15)

     競馬に限らず・これからこういう事は、これから頻繁に起こるだろうね。  随分前だが、台湾の少年野球チームが韓国の『国際』大会に招待された。破竹の勢いで勝ち進むが、ある時『優勝は韓国チームでなければならない』という理由で、その先の出場は拒否され・帰国を余儀なくされたそうだ。韓国の事大主義にとって、米中以外の外国は(日本に限らず)・自分たちの自惚れを自己満足させる為の踏み台程度にしか考えない。ま・そういう国だ…。  日本から貴重な馬を運んで、毒〇されては大変だから・招待されなくって良かったくらいだ。仏の凱旋門賞とかじゃあるまいし、韓国のレースなんて無視すればイイ。
    このコメントは非表示に設定されています。
    44 0

最新ニュースはこちら

SNS話題記事