Record China

ヘッドライン:

訪日韓国人急減で韓国メディアが日本の観光業に大きな損失と報道―中国メディア

配信日時:2019年8月19日(月) 20時30分
拡大
韓国現代経済研究院がレポートで韓国人が長期に渡って日本旅行を控えた場合、2020年の日本の経済成長率を0.1ポイント押し下げ、日本の旅行業界の損失が韓国の旅行業界の2倍になると予測した。写真は奈良。

韓国現代経済研究院がレポートで韓国人が長期に渡って日本旅行を控えた場合、2020年の日本の経済成長率を0.1ポイント押し下げ、日本の旅行業界の損失が韓国の旅行業界の2倍になると予測した。17日付で中国メディアの中国網が伝えた。

記事によると、現代経済研究院は「危機的状況の韓日旅行がもたらす経済損失とその啓示」と題するレポートを発表し、「韓国から日本への旅行の急減が日本の観光産業、生産と雇用及びその他の産業への直接的あるいは間接的な悪影響をもたらす」と指摘したという。

レポートは、訪日韓国人旅行客は2020年までに81.7%減少し、1998年水準の9億7000万ドル(約1030億円)に落ち込むと予測している。昨年、訪日韓国人旅行客の消費規模は史上最高額となる51億7000万ドル(約5490億円)を記録していた。そのため、レポートでは日本の経済成長率が0.1ポイント下落するだろうと予測。韓国人旅行客の急減の影響はそれにとどまらず、日本の雇用市場の縮小を招き、日本で9万5700人の雇用が失われると見込んでいる。また、仮に日本人旅行客の韓国旅行が39%減少し、それが長期に渡る場合、来年の韓国の経済成長率は0.05ポイント減少し、韓国国内の生産規模が16億8000万ドル(約1780億円)減少するとともに、1万8100人の雇用機会が失われるとも指摘した。

レポートはこのほか、「韓国の経済的損失が日本に比べて少ないのは、近年訪日韓国人旅行客が年々増えているのとは逆に韓国への日本人旅行客は2012年をピークに減り始めているためだ」と指摘。「現在、日本を訪れる外国人旅行客の24.2%は韓国からで、シェア26.9%でトップを占めている中国人旅行客に匹敵している」と述べているという。

記事は最後に、現代経済研究院の研究室長が「日本の損失規模は韓国より大きいとはいえ、韓国国内の観光業の競争力向上のためには、両国の外交面の課題が経済戦争に発展することを防ぐとともに、韓国の観光業を精力的に育成する必要がある」と語ったことを紹介した。(翻訳・編集/坂下晃)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング