盗撮横行の韓国で男性芸術家が始めた運動、中国ネット「無差別攻撃」「出発点は良いと思う」

配信日時:2019年8月18日(日) 8時40分
盗撮横行の韓国で男性が始めた運動、中国ネット「無差別攻撃」「出発点は良い」
画像ID  1117731
中国版ツイッター・微博で16日、盗撮が社会問題となっている韓国で20代の男性芸術家が始めたある運動が紹介された。資料写真。
中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で16日、盗撮が社会問題となっている韓国で20代の男性芸術家が始めたある運動が紹介された。

中国新聞週刊の微博アカウントによると、この男性芸術家がネット上で参加を呼び掛けたのは「男子トイレに『目』のシールを貼る」運動。盗撮される恐怖を男性にも体験してもらうことが狙いで、参加者の中には「彼女に頼まれて…」という人もいるそうだ。

韓国では以前から盗撮の横行が問題視されており、それは中国にも伝えられている。男性芸術家が始めた運動に中国のネットユーザーからは「効果はわずかなような気が」「自分が嫌な思いをしたから他人にもっていうこと?」「女子トイレに入りやすいのは女性。女性も盗撮してると思う」「気になってトイレに行けない人が出るんじゃないか」「無差別攻撃していいの?」などのコメントも寄せられているが、「発想の出発点は良いと思う」「もっと本物っぽい目のシールにしてみたら」「芸術と社会運動の組み合わせ、いいと思う」などの声も聞かれた。(翻訳・編集/野谷

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本人***** | (2019/08/18 16:03)

     盗撮行為に警鐘を鳴らす事を目的としている以上は、シールを貼付するのは駅やデパートなどの公共のトイレだろう。そこは公的な施設であり・管理者(所有者)がいるはずだ。そこに勝手に貼ってるんなら・盗撮同様に犯罪行為だ。(同意・賛意があるなら、管理者(所有者)の責任において彼らが貼るべきだ)。 『芸術と社会運動の組み合わせ』?は、芸術に名を借りた不法行為の拡散に他ならないとすれば…アレと同じ。盗撮行為の方は否定されるべきだろう、勝手に思い込んだら・目的が法をも凌駕するのが韓国なんだねぇ…。  
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/08/18 12:09)

    盗撮犯は目のシールなんて気にしないだろう。のぞき見趣味と露出癖は裏表だから、むしろ見られて喜ぶくらいであろう。もし男女とも全裸で町を歩くようになれば、盗撮犯は『のぞき見の楽しみを奪われた』と言って嘆き悲しむはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
    6 1
  • 赤帽子***** | (2019/08/18 09:59)

    性犯罪が日本の9倍起こる韓国らしい出来事。人口比で見ると驚異的。
    このコメントは非表示に設定されています。
    21 0

最新ニュースはこちら

SNS話題記事