Record China

ヘッドライン:

暴走族や欧米人のような名前も…日本で「キラキラネーム」が流行、“飛躍”した読み―台湾紙

配信日時:2013年6月27日(木) 14時10分
拡大
26日、このところ日本で子どもに変わった名前をつける人が増えている。「キラキラネーム」と呼ばれ、本来の漢字から飛躍した読み方をさせることが多い。資料写真。
(1/2枚)

2013年6月26日、台湾の聯合報は、このところ日本で子どもに変わった名前をつける人が増えていると報じた。「キラキラネーム」と呼ばれ、本来の漢字から飛躍した読み方をさせることが多い。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

2012年につけられた子どもの名で最も多かったのは、男の子が「蓮」、「颯太」、「大翔」など、女の子が「結衣」、「陽菜」などだった。読みは、男の子の名では「ハルト」(大翔、悠人など)が最も多く、「ユウト」(悠人、悠斗、勇翔など)が続いた。女の子の名では「ユイ」(結衣、優唯)が最も多かった。ある母親は子どもが通っている幼稚園には同じクラスに「ユウト」という子が7人もいると話した。

こうした名は読みを最初に決めてから漢字を当てるタイプと、漢字を最初に決めてから読みを決めるタイプの2通りがあるという。SMAPの木村拓哉さんの娘は「心美」と書くが「ココミ」と読ませるように、後から読みを決めるタイプでは不要な音を省略することも多いことが特徴となっている。

しかし、ある人は娘に「夢菜」と書いて「ユナ」と読む名をつけたが、後になって江戸時代に風呂場で性サービスをした「湯女」と同じ読みであることを知ったというケースや、到底読めず一般社会に出てから困ることが予想される名、欧米人のような名、暴走族が当て字をするのと大差ないような名も多いほか、「日菜」(ヒナ)のように中国語では「日本料理」というまったく別の意味になってしまうようなケースもある。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

中国版キラキラネーム?「操日本」だけじゃない!もっとスゴイ名前が他にも―中国メディア

14日、反日感情が高まる中国で、日本をののしる意味となる「操日本」という名を持つ青年が一躍脚光を浴びるなか、実はまだまだスゴイ名前の持ち主がいることが判明した。写真はネームプレートを机に置いて勉強する陝西省西安市の小学1年生。

Record China
2012年9月14日 22時5分
続きを読む

2012年生まれの赤ちゃん、日本で人気の名前は中国人にも参考になる?―中国版ツイッター

3日、明治安田生命保険は今年生まれた赤ちゃんの名前ランキングを発表した。「中国人の名前にしてもよいものがたくさんあるよ〜。参考にしてみては?」“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトでは、こんなふうに調査結果を紹介する人も。写真は中国の新生児。

Record China
2012年12月4日 14時32分
続きを読む

ランキング