日本の徳仁天皇が「8・15」敗戦記念日に「深い反省」表明

配信日時:2019年8月16日(金) 16時0分
日本の徳仁天皇が「8・15」敗戦記念日に「深い反省」表明
画像ID  1117686
日本の74回目の敗戦記念日に当たる8月15日、日本政府は東京の日本武道館で令和初となる「全国戦没者追悼式」を行った。
日本の74回目の敗戦記念日に当たる8月15日、日本政府は東京の日本武道館で令和初となる「全国戦没者追悼式」を行った。徳仁天皇は追悼式に出席し、挨拶の中で過去の歴史に対する「深い反省」を表し、「戦争の惨禍を二度と繰り返さない」と述べ、明仁天皇の過去の歴史に対する態度を踏襲した。 新華網が伝えた。(編集AK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/08/19 03:07)

    今上天皇陛下は正しく上皇陛下の後継者だと思うわ。 昭和天皇は不幸にも散々国粋主義者に騙されて利用されたけどね。 上皇陛下は父のその様子を傍で見てこられた訳だし、戦争に対する深い嫌悪の念をずっと持っていらした。だからこそ明治からの国策神社に過ぎない靖国を参拝する事を避けてこられた。陛下はあれこそが軍国主義の象徴だと見做されていたからね。 「戦死すれば英霊として祀ってやる。だから命を惜しまずお国のために死んでこい」 そういう、兵士に「死」を強いる大義名分であり、軍事システムの中核をなしているのが靖国神社だから。 未だに日本会議やらの「戦前からの亡霊」が跋扈してる日本だが、もう2度と天皇家が国粋主義・軍国主義に利用される事はあってはならない。 本当に皇統や天皇家を大切に思うのなら、そういう者たちの動向には、常に目を光らせておくべきだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/08/16 17:04)

    「敗戦記念日」日本海を隔てて西側にある野蛮で凶悪な国はいちいち言う事が嫌味である、確かに戦争には負けたが「終戦記念日」は正式名称である、韓国といい中国といい日本海を隔てて西側にある野蛮で凶悪な国は例えば「独島」みたいに自分達の好みで勝手に名称を変えたがる品性下劣な国ばかりである、不愉快!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/08/16 16:20)

    天皇陛下は戦没者に対して〈哀悼(あいとう)の意〉を送ったのだ。だいたい自分が生まれる前に起きた出来事を反省できるはずがない。
    このコメントは非表示に設定されています。
    8 4
最新ニュースはこちら

SNS話題記事