終戦の日に靖国神社を取材、「例年とは異なった点」とは?―中国メディア

配信日時:2019年8月16日(金) 14時20分
終戦の日に靖国神社を取材、「例年とは異なった点」とは?
画像ID  1117609
中国メディアの環球時報は16日、安倍晋三首相が「終戦の日」に靖国神社に私費で玉串料を奉納したことに、韓国メディアから批判の声が上がっていると伝えた。写真は靖国神社。
中国メディアの環球時報は16日、安倍晋三首相が「終戦の日」に靖国神社に私費で玉串料を奉納したことに、韓国メディアから批判の声が上がっていると伝えた。

記事は、15日に都内で行われた全国戦没者追悼式で天皇陛下が「深い反省」という言葉を用いられたこと、安倍首相が靖国神社に私費で玉串料を奉納したこと、国会議員50人が靖国神社を参拝したことなどに言及した。

安倍首相の代理を務めた人物が自民党の稲田朋美総裁特別補佐だったことについて、記事は「日本のメディアからは、稲田氏を日本初の女性首相にするための布石というのもあながちない話ではないとの指摘が出ている」と伝えた。

また、先ごろ滝川クリステルさんとの結婚で注目を集めた小泉進次郎議員が靖国神社を参拝したことについて、「彼の目的は日本社会の右傾化を受け、さらに多くの支持者を集めることにあるとの分析がある」と伝えている。

さらに、環球時報の記者が同日に靖国神社で取材した時の様子を紹介。「昨年と比べて、若者の数が明らかに減少していた」と指摘した。毎年参拝しているという71歳の男性は「仕方がない。日本は少子化がひどくなっているから。靖国神社の精神を次の世代に伝えるのは、メディアや教育に頼るしかない」と話したという。

また、「例年とは異なる点」として嫌韓感情が色濃かったことを挙げた。「日本の右翼団体が、朝鮮半島侵略の正当性が書かれた書籍を販売し、願掛けの絵馬には『日韓断交』の文字が記されていた。近くの地下鉄駅では『竹島は日本の領土』という宣伝物が配られていた」などと伝えた。

一方で、韓国からは日本を批判する声が上がっていることも紹介。韓国・世界日報は、安倍首相の靖国神社への玉串料奉納について「7年連続で“形を変えて参拝した”」としたほか、「日本の右翼が靖国神社に集結、悪霊が舞いデタラメなことを言う」などと批判的に報じたという。韓国外交部は同日付の論評で、安倍首相の玉串料奉納や国会議員の参拝に「深い憂慮」を示した。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/08/19 16:59)

    (3)この本はそのほか、第三章「『虚言癖ー盗用癖』の民族病理」では、「韓国の犯罪では偽証罪が世界的に群を抜いて多い」とか「詐欺件数は人口10万人当たりの比率は日本の16倍、OECD37ケ国中第一位」とか「横領は日本の80倍、偽造は21倍、背任は432倍」とか「誣告罪ーつまり、他人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で虚偽の事実を申告する罪」の件数は日本の数百倍」等々、さらに、「自己愛性人格障害ーありのままの自分を愛することができず、自分は優れていて素晴らしく特別で偉大な存在でなければならないと思い込む人格障害ーの病巣は、韓国人の民族精神的な特徴を優れて浮き彫りにしているかのようだ」とか、韓国人が読んだら怒りの余り卒倒するでしょう。私はこの本は英訳されて全世界に配布されるべきだと思います。外交官が日本の弁護をして回るより百倍は効果があるでしょう。(終)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • DRO***** | (2019/08/17 23:09)

    >朝鮮半島 侵略 の正当性が書かれた書籍 頼まれたから、併合しただけ。 とく 亜にとっての歴史とは、内政・体制維持目的の創作虚構ストーリー。 彼らと歴史を語るのは、体制転覆の後しかありえない。 今も ”経済 侵略 委員会”、日常的な用語らしい。w 不作為が、侵略 w、赤ん坊の世話かよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
    9 1
  • Kio***** | (2019/08/16 15:40)

    平成17年に、小泉元総理がいわゆるA級戦犯を「戦争犯罪人であるという認識をしている」と述べたことで、野田前総理が国会で批判したことがあった。 安倍総理も「国内法的にいわゆる戦争犯罪人ではない。遺族援護法等の給付の対象になっているし、いわゆるA級戦犯と言われた重光葵氏はその後勲一等を授与されている。犯罪人であればそうしたことは起こり得ない」と述べている。 野田前総理も、安倍総理も「国内法では戦争犯罪人ではない」と思っているなら堂々と参拝すべきだったのだ。伊勢神宮を公式参拝し、G7首脳を公式訪問させておいて「政教分離」は言い訳でしかない。それなら「近隣諸国へ配慮した」と言った方がまだマシだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
    21 0

最新ニュースはこちら

SNS話題記事