【CRI時評】自国の利益擁護のため必要な対抗措置を採る

配信日時:2019年8月15日(木) 23時0分
【CRI時評】自国の利益擁護のため必要な対抗措置を採る
画像ID  1117525
 米国通商代表部が中国からの対米輸出商品約3000億ドルに対して10%の追加関税を課すと宣言したことに対して、中国側は15日、必要な対抗措置を採ることを表明した。 米国側のこの行動は中米両国首脳がアルゼンチン会合と大阪会合で合意した共通認識に対する重大な違反であり、中米双方はこの...
 米国通商代表部が中国からの対米輸出商品約3000億ドルに対して10%の追加関税を課すと宣言したことに対して、中国側は15日、必要な対抗措置を採ることを表明した。

その他の写真

 米国側のこの行動は中米両国首脳がアルゼンチン会合と大阪会合で合意した共通認識に対する重大な違反であり、中米双方はこの二つの「共通認識」に基づき、協議を通じて課題を解決すべきだ。だが、米国側はまたもや関税のムチを振り上げ、問題を解決する正確な道を踏み外した。最近米国側は一部の中国商品に対する追加関税適用の延期を表明したが、追加関税適用が取り消されない限り、中国側の利益に損害を与えることは必然であり、中国側が対抗措置を採ることを決定したのは至極正当なことだ。

 貿易戦争に勝者はおらず、経済貿易摩擦の激化は中米双方と世界にダメージをもたらす。中国側は問題を解決するためには喜んで協力するが、協力には原則があり、協議には譲れないボトムラインがある。重大な原則上の問題について、中国は決して屈することはない。中国は貿易戦争を願ってはいないが、戦うことを恐れてはおらず、必要に応じては戦わざるを得ない。こうした態度は一貫して変わることはない。話し合いの扉は開かれている。だが、戦いを望むならば、どこまでも相手になろう。(CRI論説員)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事