上海ブックフェアへの出展図書16万種類―中国

配信日時:2019年8月19日(月) 5時30分
上海ブックフェアへの出展図書16万種類―中国
画像ID  1117660
2019上海ブックフェア並びに「書香中国」上海ウィークが14日、上海展覧センターで開幕した。
2019上海ブックフェア並びに「書香中国」上海ウィークが14日、上海展覧センターで開幕した。中国全土の出版社約500社が図書約16万種類を展示・販売している。開催期間中、読書イベント、新書のサイン会・発売、作家セミナー、講座など、1000以上のイベントが上海展覧センターや他の100カ所以上のサブ会場で開催される。

その他の写真

今回のブックフェア展の会場面積は2万3000平方メートル。同時に、上海市内にサブ会場が100カ所以上設置されている。上海だけでなく、中国全土の出版社が同イベントで新書約500種類を発表し、200回の発表イベントやサイン会・販売なども開催される。

今回の上海ブックフェアでは、モバイル決済システムやオンライン検索システム、オンライン展示システムなどが利用できるほか、中国で最も利用者数が多いSNSアプリ・微信(Wechat)を使った「モバイルブックフェア」も打ち出された。「上海ブックフェア」専用の「微信小程序(WeChatミニプログラム)」が開設され、ブックフェアのメイン会場と100以上のサブ会場の約1000のイベントの情報がジャンル別に表示される。同サービスを通して、情報を一層スピーディーに把握し、いち早くオフラインイベントに参加することができる。

昨年のブックフェアでは、「一条」などのインターネット企業が、ブックフェア会場で図書を展示し、来場者がQRコードをスキャンしてオンラインで決済すると、他の場所から家まで直接発送してもらえるという新スタイルを採用したため、大量の図書が山積みされ、狭く雑然とした会場で図書が展示・販売されているという状態が大きく改善された。今年も同様のスタイルが採用されている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事