再び真の姿を現した「水中の長城」―河北省

配信日時:2019年8月18日(日) 5時0分
再び真の姿を現した「水中の長城」―河北省
画像ID  1117385
河北省寛城満族自治県にある潘家口ダムの貯水量が最近減少し、ダムに沈んでいた「水中の長城」の勇壮で美しい姿が再び水面の上に現れた。
河北省寛城満族自治県にある潘家口ダムの貯水量が最近減少し、ダムに沈んでいた「水中の長城」の勇壮で美しい姿が再び水面の上に現れた。

その他の写真

この「水中の長城」は明長城の遺跡。1970年代、重大水利プロジェクト工事が行われ、潘家口ダムに貯水したため、長城の一部が水没して見えなくなり、「水中の長城」という奇観が生まれることになった。 新華網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事