Record China

ヘッドライン:

再び真の姿を現した「水中の長城」―河北省

配信日時:2019年8月18日(日) 5時0分
拡大
河北省寛城満族自治県にある潘家口ダムの貯水量が最近減少し、ダムに沈んでいた「水中の長城」の勇壮で美しい姿が再び水面の上に現れた。
(1/6枚)

河北省寛城満族自治県にある潘家口ダムの貯水量が最近減少し、ダムに沈んでいた「水中の長城」の勇壮で美しい姿が再び水面の上に現れた。

その他の写真

この「水中の長城」は明長城の遺跡。1970年代、重大水利プロジェクト工事が行われ、潘家口ダムに貯水したため、長城の一部が水没して見えなくなり、「水中の長城」という奇観が生まれることになった。 新華網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング