日中韓の若者が集合!書道で文化交流=「イベント通じ信頼関係を」―中国

配信日時:2019年8月15日(木) 16時20分
日中韓の若者が集合!書道で文化交流=「イベント通じ信頼関係を」
画像ID  1117380
14日、中国新聞網は、日中韓の若者が西安市で書道を通した交流を行ったと伝えた。
2019年8月14日、中国新聞網によると、東京都豊島区と中国・西安市、韓国・仁川広域市の若者が、西安市で行われた「漢詩の故郷・文字で感情を伝える」をテーマにした「東アジア文化都市」の書道イベントに参加し、文化交流を行った。

記事は、豊島区の高野之夫区長が、「このような心と心の交流を1つの伝統として継続していきたい」との考えを示したことを紹介。西安市の徐明非(シュー・ミンフェイ)副市長は、「この文化交流イベントを通して、3つの都市が積極的な姿勢で東アジア地区の文化協力に参加し、日中韓3カ国の人々の友情や相互理解が深まることを希望する」と発言。「西安市さらには(市が属する)陝西省の対外的な新イメージを示し、対外文化交流と協力を強化して、文化産業の全面的な発展を促進させていきたい」とも述べた。

また、仁川広域市の金宗哲(キム・チョンチョル)代表は、「未来の主人公である青少年たちが、漢字文化を通してお互いを紐(ひも)で結ぶことは、東アジアの将来の平和の基礎となる。西安市、豊島区、仁川市の3つの地域がこのイベントを通してより交流を増やし、共に信頼関係を築くことを希望する」と語った。

このイベントでは、100メートルの巻物に日中韓の100人近い若者が毛筆で漢詩を書くプログラムがあり、「書道で漢詩の味わい深さが、漢詩で書道の魅力が示された」と記事は伝えた。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • こごと***** | (2019/08/15 16:45)

    にっちゅう は わかる けど かん が しょどう って いうのは どうも ぴん と こない。 いぜん から よく わからない のだが はんとう では せんご かんじ を はき した のでは ないのか ? しかも いま の かんじひょうげん って けっこう にっていざんし も かずおおく ふくまれて いるのだから はんとう で それを つかうのは もんだい なんじゃ ないのか? あーーーーっ めんどくせぇ!! 何気に使ってる「漢字かな交じり」という日本語独特の表記が、いかに凄い表現力を備えているか、書いてみるとよくわかる。 人は己の中に浮かぶ”思い”を自ら理解すると同時に人にも伝える為に言語を編み出した。そしてその”表された思い”を次の瞬間にも存在させる為に文字を編み出した。 その文字をどう使うかで、”思い”の伝わり方は濃くも薄くもなる。 半島民はなぜ素直にそれを使わないんだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事