日本で展示中止となった慰安婦像、スペインの美術館で展示へ=韓国ネット大喜び

配信日時:2019年8月15日(木) 17時20分
日本で展示中止となった慰安婦像、スペインの美術館で展示へ=韓国ネット大喜び
画像ID  1117365
15日、韓国・世界日報によると、愛知県内で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で展示が中止された元慰安婦を象徴する少女像をスペインの映画製作者が購入した。資料写真。
2019年8月15日、韓国・世界日報によると、愛知県内で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で展示が中止された元慰安婦を象徴する少女像をスペインの映画製作者が購入した。

記事によると、少女像を購入したのはカタルーニャ地方で主に活動する映画製作者でジャーナリストのタチョ・ベネト氏。ベネト氏は来年バルセロナに設立する「自由美術館」に少女像を展示する考えという。

この少女像は韓国人作家による作品で、2015年に日本の市民らに預けられたもの。ソウルの日本大使館前にある少女像と同じデザインで、「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に展示されていたが、「市民から脅迫を含め、抗議が相次いだ」との理由で中止されていた。

ベネト氏は少女像以外にも、中国の有名な反体制芸術家アイ・ウェイウェイ氏がレゴブロックで作った作品や、米国の画家イルマ・ゴア氏が描いたトランプ大統領の人物画など「芸術に対する検閲に抵抗する作品」を多数購入しているという。

この記事に韓国のネットユーザーからは「ありがとう。涙が出る。少女像も韓国も頑張ろう」「スペインで多くの人に愛されてね」「少女像、慰安婦問題が世界に広まってほしい」など喜ぶ声が続々と上がっている。

また日本に対して「世界は変わった。日本がいくら統制して隠そうとしても無駄」「日本は民主主義国じゃない。国民の基本権と自由が国に抑圧されている」などと指摘する声も。

その他「お金を受け取る必要あった?寄贈してほしかった」「慰安婦をめぐる日韓の争いはいつまで続くのか。もううんざり」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • RYU***** | (2019/08/15 19:59)

    こういう人たちってライダイハンの像も平気で収集するんだろうな。 無責任でいいよな、こういう人らって。
    このコメントは非表示に設定されています。
    19 0
  • hig***** | (2019/08/15 18:02)

    当然こうなる。世間は面白ければそれでよい。この 原因は、あの異常民族にあるのは当然だが、一番の 原因は日本外務省の、自己保身のための、もみ手カネばらまき 外交にある。この外務官僚たちは、正義のため、国益のために 一切戦おうとせず、みんな相手のいいなりに謝罪してきた。 あの民族は当然全てのことにウソと難癖をつけてくる。それが 彼らの利益になる。
    このコメントは非表示に設定されています。
    31 2
  • 日本人***** | (2019/08/15 17:57)

     愛知トリエンナーレが問題となったのは、公立美術館が公費も入って主催する展示であったからだ。(そして公人である知事が深く関与し、もう一人の公人である名古屋市長を意図的にカヤの外においた事だ)。私設ならば既に日本でも展示されている。  名古屋市長をカヤの外においた時点で、政治的な意図を持って独善的な行為を行おうとしたから、非難されているのである。これは、言論・表現の自由とは関りが無い。(フィフィさんの言が分かりやすかった。もし・コーランを焼く様子を『芸術』と言って許すなら何でも有りか?=韓国の公立美術館は、コーランを焼く『芸術』でも展示をするの?)
    このコメントは非表示に設定されています。
    33 0

最新ニュースはこちら

SNS話題記事