Record China

ヘッドライン:

米国人の6割が「中国に好感持てない」、14年前の調査開始以来最高に―米世論調査

配信日時:2019年8月16日(金) 8時0分
拡大
2019年8月14日、中国日報が仏AFP通信の報道を引用して伝えたところによると、米調査機関ピュー・リサーチ・センターがこのほど発表した世論調査結果で、「中国に好感を持てない」と回答した米国人の割合は、14年前の調査開始以降で最高の60%を記録したことが分かった。

「中国に好感を持てない」と回答した米国人の割合は前年は47%で、ピュー・リサーチ・センターは報告書で、「米中間でここ数年続く軍事・貿易関係の緊張の高まりを受け、米国人の対中感情が大幅に悪化した」と指摘している。

また、米中の経済関係が悪い状態にあると考える人の割合は53%、中国経済の成長は米国に良いと思う人は50%、悪いと思う人は41%だった。

ピュー・リサーチ・センターが対中感情に関する調査を始めた2005年は、「中国に好感を持てない」と回答した米国人の割合は35%だった。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

春節に訪米の中国人客6割増、ファーウェイ問題や貿易戦争の影響なし―米華字メディア

6日、米華字メディアの多維新聞は、中国人観光客の米国とカナダへの旅行熱は、米中貿易戦争や中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の経営幹部逮捕をめぐる騒動の影響を受けていないようだと伝えている。写真は米ニューヨーク市。

Record China
2019年2月8日 6時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング