韓国で「慰安婦をたたえる日」記念式、遺族の手紙にネットも涙「日本に屈してはいけない」

配信日時:2019年8月15日(木) 20時20分
韓国、「慰安婦をたたえる日」記念式で人気女優が遺族の手紙を代読=ネットも涙
画像ID  1117229
14日、韓国・YTNは「ソウル市内で行われた慰安婦関連の記念式典で、女優のハン・ジミンが慰安婦被害者の母親に宛てた遺族の手紙を代読した」と報じた。写真はソウルの慰安婦像。
2019年8月14日、韓国・YTNは「ソウル市内で行われた慰安婦関連の記念式典で、人気女優のハン・ジミンが慰安婦被害者の母親に宛てた遺族の手紙を代読した」と報じた。

記事によると、同日に「旧日本軍慰安婦被害者をたたえる日」を迎えた韓国では、ソウル・白凡(ペクボム)記念館で記念式が行われた。

元慰安婦らが参席する中、ハン・ジミンが代読した手紙には「17歳、戦争で傷を負った人々を看病しに行ったんじゃなかったんだね」「かわいそうなお母さん。ごめんなさい。その深い悲しみと苦痛でどんなにつらかったかと思うと胸が痛くなります」「母が生前話していた言葉を思い出します。 最後まで戦って謝罪を受けてと」「同じような痛みが二度と繰り返されないよう、私たちが引き継いで行きます」などの内容がつづられており、最後は「私のお母さん。私たちみんなのお母さん、愛しています」との言葉で締めくくられていたという。

これを受け、韓国のネット上には「申し訳なくて涙が出てくる。これからも私たちができる限り頑張ります」「もう泣きません。忘れずに記憶していきます」「韓国がなぜ日本に屈してはいけないのかが分かる手紙。両親世代が誇らしい。これからは私たちが戦うから、どうぞ安らかにお休みください」などの声が上がっており、多くのユーザーの心に響いたようだ。またハン・ジミンに対しても「常識ある女優」「ありがとう」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 12

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/08/16 13:24)

    言っておくが当時の日本は韓国人女性を拉致などしていない、いくら旧日本軍が粗暴で見境無かったと言ってもそこまで野蛮ではなかったのである、あれはあくまでも「日本一信用出来ない反日極左のチョウヒ新聞」こと朝日新聞と「自称ジャーナリスト」植村隆と「詐欺師のような男」吉田清治と韓国の反日極左団体が結託してでっち上げた20世紀最大の捏造である
    このコメントは非表示に設定されています。
  • こごと***** | (2019/08/16 08:46)

    AのためにAの像を作る。でも金が貰えないので途中までしか作らず、物置の片隅に放置したまま年月が過ぎた。 あるとき、「金になる!」と踏んで、その像をBのために作ったBの像だということにして世に出したら大当たり! 製作者は、元々のモデルであったAに対して、人としての良心は痛まないのだろうか。 国民に対して「嘘」をついて金儲けする。芸術家としての良心は痛まないのだろうか。 そもそも、金のために嘘をついて=人々を騙して、そんなものを「芸術」と呼ぶことに恥じ入る気持ちはないのだろうか。 ベートーベンはナポレオンへのリスペクトを持って交響曲を書いた。標題に「英雄」と書き記した後、彼が皇帝になったという知らせを聞く。激怒したベートーベンは手にしたペンでその標題を消した。というエピソードが伝わっている。 真実か否か、定かではないが、「芸術家とはこういうものだ」という逸話だろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
    9 0
  • 仙田 ***** | (2019/08/16 01:47)

    韓国の執拗な攻撃に「屈してはいけない」のは日本の方である
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事