日本がQRコード決済の普及で中国に追いつくのが難しいのはなぜか、QRコードを発明したのは彼らなのに―中国メディア

配信日時:2019年8月16日(金) 16時20分
日本がQR決済で中国に追いつくのが難しいのはなぜ―中国メディア
画像ID  1117171
14日、中国の動画サイト、騰訊視頻にこのほど、「日本がQRコード決済の普及で中国に追いつくのが難しいのはなぜか、QRコードを発明したのは彼らなのに」とする動画付き記事が掲載された。写真は中国。
2019年8月14日、中国の動画サイト、騰訊視頻にこのほど、「日本がQRコード決済の普及で中国に追いつくのが難しいのはなぜか、QRコードを発明したのは彼らなのに」とする動画付き記事が掲載された。

記事はまず、中国国内ではQRコードを活用したスマホ決済サービスの「アリペイ(支付宝、Alipay)」と「ウィーチャットペイ(微信支付、WeChat Pay)」が広く普及しており、「2018年世界決済報告(World Payments Report 2018)」によると、統計期間内の中国のキャッシュレス決済は480億回(ちなみに米国は1485億回、ユーロ圏は745億回)にも上ることを紹介した。

続いて、日本については「実はスマホによる決済が登場する前から交通系ICカードが普及していて、電子決済の利用率は世界各国の平均レベルを超えていた」とした一方で、「QRコード決済の普及が遅れた要因はハード面の深刻な不足にある」とし、「日本へ行ったことがある人なら知っていると思うが、日本では小規模な商店が多く、そのほとんどが個人経営で、決済方式は現金払いが主流だ」とした。

そして「興味深いのは、日本を訪れる中国人観光客の急増により、日本で最初に普及したQRコード決済は、訪日中国人観光客向けのアリペイやウィーチャットペイであることだ」とし、「そういう意味では、QRコードを発明したのが日本人であっても、日本がQRコード決済の普及で中国に追いつくのは1年やそこらでは難しい」とした。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/08/16 16:56)

    いつも言っているが貨幣価値の安定している日本ではやはり現金決済が一番確実なのである、あとはたまたま持ち合わせがない時や現金を持ち歩くのが不安な高額支払いの場合はクレジットカードを使えば充分である、あと住宅や自動車等の場合はその都度ローンを組むのでやはりモバイル決済は出番がない、誰かも言っていたがモバイル決済は信用度が低すぎてクレジットカードが作れなかったり、また貨幣価値が不安定な中国みたいな国しかお呼びでないと思っている、粋がってモバイル決済を多用した挙げ句に自己破産したり、或いは中国にお金や個人情報を盗み取られたら洒落にならないだろう
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/08/16 16:48)

    中国にハッキングされないように敢えて導入しないか、セブン&アイのように取り止めた企業が多いからである
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tom***** | (2019/08/16 16:32)

    クレジットカードと交通系カードがメインで、QRコード決済は個人商店やファーストフード店、または中国人観光客を対象にした店で重宝されると思う。クレジットカードも海外はタッチ式が主流だ。QRコード決済はメインにはならない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事