韓国でユニクロと無印良品のアプリ利用者が激減、日本製品不買運動高まる―中国メディア

配信日時:2019年8月14日(水) 21時0分
韓国でユニクロと無印のアプリ利用者が激減、日本製品不買運動高まる
画像ID  1108240
日本政府が韓国への輸出規制強化措置を講じたことを受け、韓国での日本製品不買運動が高まっている。写真は韓国のユニクロ。
日本政府が韓国への輸出規制強化措置を講じたことを受け、韓国での日本製品不買運動が高まっている。この影響を受け、韓国における日本ブランドのモバイルアプリユーザー数が、7月以降激減している。韓国現地メディアの報道を引用して参考消息網が伝えた。

9日付韓国・聯合ニュースの報道によると、韓国のモバイルデジタルプラットフォーム「IGAワークス」は同日、報告書を発表した。この報告書によると、日本の低価格衣料メーカー「ユニクロ」のアンドロイド版アプリの7月の月間利用者数(MAU)は51万440人で、6月比で29%、上半期平均比で28%、それぞれ減少した。1日あたりの利用者数(DAU)の減少幅はさらに大きく、7月のDAUは、6月比・上半期平均比でいずれも40%減少した。

もう一つの日本ブランド「無印良品」アプリの7月のMAUも、前月比41%減の4万2713人となり、上半期平均比で22%減少した。DAUについては、前月比で44%、上半期平均比で27%それぞれ減少。このような状況から、日本製品不買運動が拡大するにつれて、オフライン・オンラインいずれの消費にも深刻な影響が及ぶことが予想される。

韓国では、ユニクロはこれまで人気があったが、今回の日本製品不買運動では真っ先に槍玉に挙げられた。ある百貨店に出店しているユニクロ店舗の7月の売上高は、前年同期比30%減少となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事