韓国が日本に「目には目を」の対抗措置、エスカレートする両者にまだ対話の余地はあるのか―中国メディア

配信日時:2019年8月14日(水) 15時40分
韓国が日本に「目には目を」、対立激化の両者に対話の余地は―中国メディア
画像ID  1117107
中国国営の新華社通信は13日、日本と韓国の貿易摩擦がエスカレートしている現状について「まだ対話の余地はあるのか」と題する記事を掲載した。資料写真。
中国国営の新華社通信は13日、日本と韓国の貿易摩擦がエスカレートしている現状について「まだ対話の余地はあるのか」と題する記事を掲載した。

韓国政府は12日、貿易管理上の優遇対象国である「ホワイト国」のリストから日本を除外すると発表した。これまではホワイト国か非ホワイト国かの2分類だったが、29カ国あった「ホワイト国」を「グループ1」と「グループ2」に分け3分類に。日本だけが新設された「グループ2」に振り分けられた。

記事は、「韓国の日本に対する『目には目を』は、両国の対立をさらにエスカレートさせるのか。未来の日韓の貿易摩擦はどこへ向かうのか」とし、専門家の見解を紹介した。

吉林大学国際関係学院の王生(ワン・ション)教授は、「日本の経済制裁措置は韓国の経済の命脈に深刻な打撃を与え、韓国は受動的に反撃せざるを得なくなった。だが、韓国側は事態が収拾できなくなるほどの局面にまで発展することは望んでおらず、余地を残している」と指摘した。

また、日本についても「韓国の民間の反日感情を懸念している」とし、「日本の措置は韓国だけでなく日本経済への影響も小さくないことから、日本も事態のさらなる悪化は望んでおらず、韓国への半導体材料の輸出規制をやや緩めた(8日に経済産業省が措置後初の輸出許可を出したことを指している)。両国の摩擦は激しいように見えるが、挽回が不可能な段階には至っていない」との考えを示した。

記事は、「協力すれば互いに利益を得、争えば互いに傷付くということを、日韓両国の政府はすでに気付いている。緊張緩和の鍵は、日本が高圧的な制限令を取り消し、韓国が国民の反日感情を抑えることだ」と指摘。「分厚い氷は一日の寒さでできたものではない。日韓の対立の歴史は長い。両国の貿易関係がこれ以上悪い方向へ向かわぬよう、双方は問題を対話によって解決しなければならない」とした。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/08/15 16:13)

    政府レベルでは茶番繰り広げてんだから、何らかの形で幕引きするまでは無理なんじゃねえの? 民間でもこっちのネトウヨ・嫌韓の連中と、あっちの反日連中は話もできないだろうけどね。 まあ、向こうでも包み隠さず日本が好きだって言いつつ、一連の反日行動に疑問を呈してる人も少なくないし、不買運動やらから理性的に距離を置いてる人もいる。 日本は日本でそもそも一連の問題に関心のない人も多いし、普通に観光してる韓国人にワザワザ危害を加えるような人間も殆どいないだろうし。 まあ、茶番なのは分かりきってるんで、なるようにしかならんよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2019/08/15 13:37)

    残念ながら対話の余地はない。1938年のミュンヒェン会談をみてみよ。民主主義国家はファシズム国家に完全に騙されただけである。民主主義(日本)とファシズム韓国の間にいかなる妥協もあり得ない。慰・婦や徴用工は文ファシスト政権の目標ではない。日本を攻撃するための当面の手段にすぎないのである。最終目標は”積弊清算”(韓国内の日本に関係する人的・物的存在のすべてを除去する)ことにあり、その先にみすえるのは日本の地球上からの抹消である。なぜなら韓国のファシズムにおいては、韓国の全ての堕落、没落の原因は日本にあるからである。
    このコメントは非表示に設定されています。
    24 2
  • DRO***** | (2019/08/15 11:07)

    みんな仲良く と言いたいらしい。 しかし、何事にも、限度というものが有る。 纏わりついてキモイ タカルストーカーとは、断韓しかない。 ホワイト国から外して、全て良い方向に回り始めている。 うつ病が、寛解した人の、気分とはこんなものかな。
    このコメントは非表示に設定されています。
    35 4

最新ニュースはこちら

SNS話題記事