新任の駐韓日本大使に、韓国メディア「意図的に格下げか」と指摘

配信日時:2019年8月14日(水) 19時40分
新任の駐韓日本大使に、韓国メディア「意図的に格下げか」と指摘
画像ID  1116952
13日、韓国・中央日報は、新任の駐韓日本大使に冨田浩司氏が内定したことについて「日韓対立を考慮して格下げしたようだ」と報じている。写真はソウルの日本大使館前。
2019年8月13日、韓国・中央日報は、新任の駐韓日本大使に冨田浩司氏が内定したことについて「日韓対立を考慮して格下げしたようだ」と報じている。

記事によると、韓国政府の消息筋は同日、近々赴任する新駐韓日本大使に外務省のG20担当特命全権大使の冨田浩司氏が内定したと明らかにした。日韓政府は現在、アグレマンなど関連手続きを協議しているという。

冨田氏は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2004~2006年に駐韓日本大使館公使を務めた人物だ。東京の消息筋の話では「韓国についてはやや強硬な立場で知られている。韓国勤務後は韓国をさらに好きになるか、韓国を嫌いになるかの二つの部類に分けられるが、冨田氏の場合は後者に近いと言われている」という。

記事はまた、前任者の長嶺安政氏や別所浩郎氏が外務省官僚のうち「ナンバー2」に該当する外務審議官を務めた後に韓国大使に就任したことにも注目。冨田氏が外務審議官を経験していないことから「日本政府が両国関係の悪化などを考慮して、韓国大使を意図的にやや格下げしたのではないか」という分析があることを伝えている。

なお長嶺氏は今月末に3年の任期を終えて帰国する予定。

これを受け、韓国のネット上では「韓国も駐日大使に外交部の7級公務員(日本の国家2種に相当)ぐらいを送ったら?」「いや、採用されたばかりの9級公務員(日本の国家3種に相当)がいいよ」など「対抗しよう」との提案をはじめ、「アグレマンを拒否しよう」「承認はやめよう。それに韓国にも来ないで」「日本の大使館など必要ない」「格下げしようが格上げしようがどちらでもいい。日本との対立は韓国が勝つまで誰にも止められない」など厳しいコメントが数多く寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 11

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • DRO***** | (2019/08/16 14:20)

    中央日報日本版(日本人ユーザーコメントが過激w)、 その後続けて、岳父が三島由紀夫と調べ上げて、騒いでる。 >太平洋戦争敗戦後の日本文学を代表する作家の一人 戦争が原点らしく、忘れられない、特殊な頭の構造。 ノーベル賞候補と聞いて、得意の僻み・妬みが激しく出てしまった。
    このコメントは非表示に設定されています。
    8 1
  • MR***** | (2019/08/15 08:32)

    センシティブで被害者マインド・・・ これが一番の問題。
    このコメントは非表示に設定されています。
    27 2
  • 丹陽***** | (2019/08/15 03:57)

    本来なら韓国の過激派が日本の領事館や大使館にテロ行為を図った時点で 大使館や領事館を閉鎖し日本人職員の即時撤収が望ましかったんだけどな この新任大使が韓国人の様な低能で無能だとは思わんが 現状で韓国人警備員が役立たずの無能なのは明白なんだから 一級の人物を置くにたる信用がなく危険な思想に洗脳された民族が跋扈する国に対して格下を置くのは当然だろ
    このコメントは非表示に設定されています。
    55 3

最新ニュースはこちら

SNS話題記事