Record China

ヘッドライン:

インドからアフリカ、ヨーロッパまで、中国自動車メーカーの海外進出は「破竹の勢い」―米紙

配信日時:2019年8月14日(水) 7時20分
拡大
2019年8月13日、中国のニュースサイトの参考消息網は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)がこのほど、「中国の自動車メーカーは数十億ドルを投資して、インドからアフリカ、ヨーロッパに至るまで、海外市場に足場を確立している」と報じていることを紹介した。

それによると、WSJの記事はまず、中国の自動車メーカーについて「かつては海外で車を販売するのに苦労していた。だが今では、生産している車は大幅に改善されており、品質面で外国のライバルに匹敵し、価格面でライバルをしのいでいる」とした。

そして、中国の自動車メーカーの海外進出の例として、上海汽車集団がインドで6月から予約受注を開始したスポーツ型多用途車(SUV)「MG Hector」2万1000台が、当初の6カ月以内に完売する見込みに反し、わずか4週間で完売したことを伝えた。

また、上海汽車が過去2年間にインドネシアとタイに工場を建設し、東南アジア地域全体に輸出する計画を立て、2025年までに年間100万台の海外販売を目指していること、長城汽車の初の海外工場であるロシア工場が今年6月に稼働を開始したこと、北京汽車の南アフリカ工場では昨年から製造が始まり、工場への7億7200万ドルの投資額は中国企業によるアフリカへの投資として現時点で最大規模であることなども伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国自動車メーカー初の海外「完全進出」=習近平主席・プーチン大統領出席の式典も、長城汽車のロシア工場が稼働開始

中国の自動車メーカーである長城汽車のロシア工場が稼働を開始した。プレスから組み立てまでを一貫して行う、中国の自動車メーカーとして初の「海外進出」で、中ロ首脳の習近平国家主席とプーチン大統領が出席する式典も開催された(写真)。

Record China
2019年6月8日 19時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング