インドからアフリカ、ヨーロッパまで、中国自動車メーカーの海外進出は「破竹の勢い」―米紙

配信日時:2019年8月14日(水) 7時20分
中国自動車メーカーの海外進出は「破竹の勢い」―米紙
画像ID  1116910
13日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルはこのほど、「中国の自動車メーカーは数十億ドルを投資して、インドからアフリカ、ヨーロッパに至るまで、海外市場に足場を確立している」と報じた。資料写真。
2019年8月13日、中国のニュースサイトの参考消息網は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)がこのほど、「中国の自動車メーカーは数十億ドルを投資して、インドからアフリカ、ヨーロッパに至るまで、海外市場に足場を確立している」と報じていることを紹介した。

それによると、WSJの記事はまず、中国の自動車メーカーについて「かつては海外で車を販売するのに苦労していた。だが今では、生産している車は大幅に改善されており、品質面で外国のライバルに匹敵し、価格面でライバルをしのいでいる」とした。

そして、中国の自動車メーカーの海外進出の例として、上海汽車集団がインドで6月から予約受注を開始したスポーツ型多用途車(SUV)「MG Hector」2万1000台が、当初の6カ月以内に完売する見込みに反し、わずか4週間で完売したことを伝えた。

また、上海汽車が過去2年間にインドネシアとタイに工場を建設し、東南アジア地域全体に輸出する計画を立て、2025年までに年間100万台の海外販売を目指していること、長城汽車の初の海外工場であるロシア工場が今年6月に稼働を開始したこと、北京汽車の南アフリカ工場では昨年から製造が始まり、工場への7億7200万ドルの投資額は中国企業によるアフリカへの投資として現時点で最大規模であることなども伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/08/14 08:27)

    実は中国の自動車メーカーは中国以外ではまともに相手にされておらず、国外では主に南アジア東南アジア或いはアフリカ諸国に圧力を掛けて無理やり購入を強いているケースが大半である、特に餌食になりやすいのはタクシー会社レンタカー会社で、例えば香港マカオのタクシー会社は中国メーカーの粗末な電気自動車を60台も買わされたが、故障とバッテリー切ればかりでまともに営業に使えず、更に電気自動車とは思えない凄まじい騒音の塊で利用者からのクレームも多く悩んだあげく、新車導入から僅か一年少々で全車廃車せざるを得なくなったそうである、中国の自動車メーカーの販売台数増加はそういう新手の「経済侵略」の賜物なのである
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事