Record China

ヘッドライン:

初めて見た人はビックリ!香港の工事現場

配信日時:2019年8月14日(水) 17時20分
拡大
1/5枚
香港の街を歩いていると、工事現場の多くの場所で竹の足場が使われていることに気づく。初めて香港を訪れる人などは、この光景に非常に驚くらしい。そもそも高層ビルが多い香港では、この竹を組み合わせただけの工事の足場は、とても心もとないものに見えるのではないだろうか。

その他の写真

土地が狭い香港では上へ上へビルが伸びていく。高いビルが立ち並ぶ香港で、なぜ頑丈な鉄ではなく竹を使っているのか不思議に思う方も多いようだが、これには香港ならではの理由がある。高温多湿の香港では、湿度が80~90%台になる日が多い。そんな香港で鉄の足場を組むと、湿度のせいで鉄が錆びてしまうことがあるらしい。また、高いビルでは鉄も高く組まらなければならず、結果的に鉄の重さで足場が耐えられない事があると聞いたことがある。

それに比べて、竹は湿気によりしなり、より扱いやすくなる。そして何より軽いという利点がある。その為、香港の工事現場では多くの竹が今だに使われてきているというわけだ。

ただ、この竹の足場、誰でも組めるわけではない。プロになるための専門学校できちんと勉強した、ごくわずかな人のみが職人として活躍できる。それにしても、足場をよく観察すると、上手に組み合わせているのに驚くはずだ。香港ならではの風景、街を歩けばすぐに目にする事ができる。ぜひ、街で探していただきたい光景の一つだ。(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「竹の工事現場」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

映画の舞台が目白押し、絵になるセントラル・エリア~ヒルサイドエスカレーター編

オールドセントラルといわれるエリアは、映画やテレビなど多くの撮影に利用されてきているスポットがたくさん存在する。今回ご紹介するのはヒルサイド・エスカレーター(或いはミッドレベルエスカレーター)と呼ばれている世界一長いエスカレーターだ。

フライメディア
2019年5月21日 0時30分
続きを読む

警察官舎がクリエイティブ集団のハブに変身したPMQ

オールド・タウン・セントラルと呼ばれるエリアに位置するPMQ。PMQはその昔、中国建国の父といわれる孫文を始めとするエリートを数多く輩出してきた「中央書院」、そして後の「警察官舎」が生まれ変わった場所である。

フライメディア
2018年9月14日 17時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング