日韓に続いてEUも米国をまねる?世界は最も厳しい「輸出規制時代」を迎えるのか―中国メディア

配信日時:2019年8月13日(火) 19時30分
世界は最も厳しい「輸出規制時代」を迎えるのか―中国メディア
画像ID  1116832
13日、中国紙・環球時報は、「日韓に続いて欧州連合(EU)も米国をまねる?世界は最も厳しい『輸出規制時代』を迎えるのか」とする記事を掲載した。資料写真。
2019年8月13日、中国紙・環球時報は、「日韓に続いて欧州連合(EU)も米国をまねる?世界は最も厳しい『輸出規制時代』を迎えるのか」とする記事を掲載した。

記事はまず、日本が韓国を「ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)」から除外したことへの事実上の対抗措置として、韓国も12日、「ホワイト国」から日本を9月ごろに除外すると発表したことを伝えた。

その上で、ドイツメディアが「日本による韓国への制裁は主に米国の影響を受けたもの」「『輸出規制ウイルス』は全世界に広がっており、EUもそれに歩調を合わせようとしている」などと報じていることを紹介した。

記事によると、ドイツ国際公共放送のドイチェ・ヴェレ(DW)は10日、「日本による韓国への制裁は主に米国の影響を受けたもの」とし、「トランプ政権による世界、特に中国に対する技術輸出規制の強化は、『反グローバル化』の典型だ」などと指摘している。

またドイツの週刊誌フォークスは11日、「世界は最も厳しい輸出規制時代が到来」とし、「日本が技術輸出に制限を課すことは驚きではない。韓国との歴史的な問題は別として、韓国の技術は日本に追いついている。日本は明らかに、韓国を競争相手と見なしている。米国が中国をそう見なしているように。これは国際環境の影響の結果でもある。世界的な貿易戦争を発動した米国は2018年8月に『輸出管理改革法』を成立させ、範囲が最も広く、史上最も厳格な輸出規制を進め、同年末に技術流出を規制する『新興技術』14分野を例示した。『輸出規制ウイルス』は全世界に広がっており、EUもそれに歩調を合わせようとしている」などと報じているという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • DRO***** | (2019/08/14 01:25)

    中国擁護の都合で、集めた反グローバル化への反対コメント  真偽も、疑われる情報。 >韓国の技術は日本に追いついている その程度の手頃な敵に、切迫してアタフタ、体制翼賛体制までやらかす? 「敵は水田の、水源握ってた!」 おっ魂消て逆切れ・自爆。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2019/08/13 20:47)

     まず・日本の対韓輸出審査の普通化は、『米国の影響』ではなく・米国との事前調整と協調の結果であると見るべきだ。また韓国の技術が日本に追いついている…などとは、馬鹿も休み休み言いたまえ。韓国如きは日本の技術の競争相手ではない。(韓国の技術がそれ程のものなら、何故?グーループB格下げで慌てる必要がある?)。安全保障上懸念される貿易に、国内運用でシッカリと対処しようというのは、日本も・米国も・EUも同じ立場であるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/08/13 19:42)

    中国さんのやらかした「レアアース禁輸」を上回る卑劣で悪質な「輸出規制」もざらに無いですよ、一席ぶつ前に自分達の行いを省みましょう(笑)
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事