今年のノーベル経済学賞受賞者が韓国経済を評価、しかしネットは「それは昔の話」

配信日時:2019年10月16日(水) 6時20分
今年のノーベル経済学賞受賞者が韓国経済を評価、しかしネットは…
画像ID  1116708
15日、韓国・マネートゥデイは、今年のノーベル経済学賞を受賞した米マサチューセッツ工科大学のエスター・デュフロ教授の記者会見の様子を報じた。写真はソウル。
2019年10月15日、韓国・マネートゥデイは、今年のノーベル経済学賞を受賞した米マサチューセッツ工科大学のエスター・デュフロ教授の記者会見の様子を報じた。

記事によると、デュフロ氏は14日(現地時間)、米マサチューセッツ州のマサチューセッツ工科大学で、同賞を共に受賞した夫で同大学教授のアビジット・バナジー氏と共同記者会見を開いた。両氏は世界的な貧困問題の解決に向けた実証的な研究が高く評価され、米ハーバード大学のマイケル・クレマー教授と共に同賞を受賞した。デュフロ氏は同賞で最年少、史上2人目の女性受賞者だ。

デュフロ氏は会見で「貧しい人々の生き方を理解するためにもっと努力しなければならない」「私の受賞が全世界の貧困解決の糸口になれば」と語ったという。また、「貧しい人々を助けようとしている人でも貧困層の問題を根本的に理解できていないと思い研究を始めた」とし「貧しい人々は風刺の対象になることがよくある」と指摘した。

韓国の経済発展モデルについて問われると「韓国は発展途上国の発展モデルだと言える」「技術と教育に対する集中的な投資がいい結果を生んだ」としながらも「国ごとに状況が異なるため一律に適用するのは難しい」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「経済発展モデルでもあるけど、短期間で経済を悪化させる国家のモデルでもある」「それは昔の話だ。今は国が社会主義に向かっている」「昔はそうだった…。今は国家が崩壊する様子を見せつけるモデルだ」「韓国はいまだに発展途上国だ」「今の韓国は共産主義に変化している」など否定的な意見が寄せられている。

また、「朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領がいなかったら今でも貧困に苦しめられていただろう」「朴正煕大統領の業績だ」「貧困から抜け出せたのは朴正煕大統領の経済成長政策のおかげ」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/長居)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • はやぶ***** | (2019/10/16 16:06)

    あと余談だが、韓国ネットヲタクが絶賛する朴正ヒは、第二次世界大戦中「高木正雄」の日本名で、韓国人が忌み嫌う「大日本帝国軍」将校として、中国や朝鮮半島で暴れ回っていた事実をお忘れなく、である
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/10/16 09:46)

    このデュフロ氏は会見で、恐らく韓国をうんと持ち上げたつもりなのだろうが、韓国という国が余りに駄目過ぎて、「ヨイショ」にすらなっていないのが失笑ものである
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひろ***** | (2019/10/16 09:17)

    韓国を「漢江の奇跡」と呼ばれる高度経済成長に持っていった朴正煕元大統領は、日本からの莫大な援助資金と満州国軍(日本軍)将校時代からの日本人人脈を効果的に活用し、経済発展したものであり、日本のお蔭と言っても言い過ぎではない。 経済学賞受賞者ご指摘の「技術と教育に対する集中的な投資がいい結果を生んだ」も日本軍将校時代からの日本人人脈からの適切な助言であったことは推測が付く。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事