中国はミサイルが80発あれば、アジアの米軍基地を壊滅できる?―中国メディア

配信日時:2019年8月11日(日) 9時20分
中国はミサイルが80発あれば、アジアの米軍基地を壊滅できる?―中国メディア
画像ID  1116340
9日、環球網は、中国は米国による中距離ミサイル配備にどう対処すべきかについて論じた記事を掲載した。資料写真。
2019年8月9日、環球網は、中国は米国による中距離ミサイル配備にどう対処すべきかについて論じた記事を掲載した。

記事は、米国が2日に中距離核戦力全廃条約(INF)を破棄したのに伴い、就任したばかりのエスパー国防長官がアジア地域に陸上発射の中距離ミサイルを配備する意向を示したと紹介。中距離ミサイルの射程は500~5000キロメートルであり、西太平洋方向ではオーストラリア北部を含む第二列島線におよび、インド洋方向ではディエゴガルシア島に、中央アジアや西アジアでは米国の各同盟国、北米方向ではアラスカのアリューシャン列島に達すると説明した。

また、米国は技術的な蓄積が豊富であり、一度決心をすれば速やかに戦闘力を構成することができるとし、中距離ミサイルの配備に関して米国はやる気であると伝えた。そしてINF撤廃前に米国は大量の陸上発射中近距離ミサイルを配備した経験を持ち、これらは条約発効により廃棄または退役したものの、技術的な積み上げは健在であり、最新の大陸間ミサイルや巡航ミサイル技術を中近距離ミサイルに移植するのも容易なことだと論じている。

その上で、米国による中距離ミサイルの脅威への中国の対処方法として「米国のミサイルを配備しようとする国に対し、配備を受け入れれば米国側に立ったとみなし、経済など各方面の付き合いを考え直すと警告する」「戦闘中に米国が中国をミサイル攻撃した場合、ミサイル配備国を敵国とみなし、反撃の対象とすると警告する」「中国の核施設が攻撃された場合、核によって必ず反撃する」「米国がミサイルを配備した場合、その発射システムを攻撃目標とみなし、敵が戦闘を仕掛けてきた場合、第一目標として破壊する」という3点を挙げた。

記事はまた、米国のシンクタンク・ランド研究所が「中国はミサイルが80発あれば、米国がアジアに持つ56の基地に壊滅的な打撃を与えることができる」との予測を出したことを紹介。この見立ては中国の中近距離ミサイルの脅威を誇大視している可能性がある一方で、米国が中国軍に対して脅威を感じていることも間違いないことが分かると伝えた。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Lal***** | (2019/08/12 17:25)

    研究所さん、間違ってますよねぇ… 「正常に飛び」「正しく狙った位置に着弾する」ミサイルが80機ですね
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2019/08/11 12:07)

    世界の不幸は、地域によって異なった時代を生きているということである。そう、アインシュタインは特殊相対論において、離れた場所においては、異なる時間が流れており、例えば10光年離れた場所の出来事を地球の我々が今観察したとしてもそれは地球上の時間では10年前の出来事であるといったが、宇宙スケールでなくとも地球上でも当てはまるのだ。日本や西欧、北欧は今は21世紀だが(自由・民主・非戦・国際協調の時代)、我々から見れば、アメリカや台湾は1950~60年(自由・民主の時代)、韓国は1930年(ファシズム時代)、ロシアは1910年(レーニンの言う”帝国主義”時代)、中国は1890年にあるのである。19世紀末は弱肉強食の植民地獲得を目指した帝国主義時代であり、力が正義だった時代である。中国の指導者たちは我々と異なり19世紀末の世界を見ているのである。彼らが世界統一のために核を使用する危険は極めて大きい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2019/08/11 09:56)

    相変わらずの中共中国の身勝手な言い分ですね。自国はミサイルを向けていても構わないが、相手が配備すれば”経済”等で制裁をするぞ、とは何たる思い上がりでしょう。図体が大きいだけで中味のない”経済”で”制裁”とは…。覇権軍国主義の典型的言動と言えるでしょう。”80発で壊滅的打撃を与える…”、相手が何の抵抗もせず、米国等も黙ったままであれば可能かもしれませんが、そんな現実はあり得ません、正に空想の世界。長生きしますね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事