韓国でまた、友人の愛犬を「食べた」女性が物議

配信日時:2019年8月13日(火) 17時30分
韓国でまた、友人の愛犬を「食べた」女性が物議
画像ID  1116171
9日、韓国・朝鮮日報によると、韓国でこのほど、40年来の友人が飼っていた愛犬2匹を「飼う」として譲り受けたが食べたとして、54歳の女性が詐欺と動物虐待の疑いで告訴された。資料写真。
2019年8月9日、韓国・朝鮮日報によると、韓国でこのほど、40年来の友人が飼っていた愛犬2匹を「飼う」として譲り受けながら実際には食べたとして、50代の女性が詐欺と動物虐待の疑いで告訴された。

記事によると、女性は2匹の犬を飼っていた小学校の同級生を「田舎に広い土地がある。自由に走れる環境で育てたほうが2匹のためにもいいのでは」と説得し、2匹を譲り受けた。同級生はその日のうちに「無事に到着したか。写真を送ってほしい」と女性に連絡したが、女性は「写真の撮り方が分からない」「犬たちがいなくなった」などと言い訳して応じなかった。不審に思った同級生が追及したところ、女性は「実は犬たちを食べた」と告白。引き渡して半日も経っていなかったという。

朝鮮日報の取材に対し、同級生は「家族が殺害されたと同じ気分。自分の手で送り出してしまったことが、とてもつらい」「二度とこんなことがないよう、確実に処罰してもらいたい」などと話した。

一方、女性は犬を食べたことは認めているが「最初は食べるつもりはなかった。いざ連れてくると、思った以上に大きいので育てる自信がなくなった」「偶発的にしたこと」などと話したという。さらに「犬を返せばよかったのでは」との質問には「犬を譲り受けたら所有権は私になるのだから、食べても問題はないと思った」と答えたというが、「相手が犬を大切に思っているとは知らなかった。後悔しており、悪かったと思う」と謝罪も口にしたという。

しかし同級生は、女性が犬を譲り受ける際に現金22万ウォン(約2万円)を無理やり置いていったことから、「最初から食用目的で2匹を連れていった。後々に食べたことがばれて困らないよう、お金を置いていったのだと思う」と主張している。

また、女性は「犬を食べた」と話しているが、実際には殺していないか、遺棄した可能性もあることから、警察は事件を十分に調べた上で、女性にどのような容疑を適用できるか検討する方針だという。

韓国では知人の飼っていたペットの犬を捕まえて食べる事件がたびたび発生し、問題になっている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「恐ろしい」「犬が食べたかったのなら、犬肉料理を食べにいけばいいのに。なぜ友達の犬を食べるなんてことをするのか」など非難の声とともに、「食べたというのはうそで、安く買って高く売ったんじゃないか」「食べたのなら証拠が残るはず。どうもうそっぽい」「犬肉料理店に売ったんだろう。半日で犬2匹も食べられるはずがない」「大きな犬が1匹じゃなく2匹も。食べ切るには1カ月以上かかりそうだし、手間もかかる。十中八九、売り飛ばしたんだと思う」など、実際には転売したのではないかという意見が多く寄せられている。

また、「犬を譲り渡した人の方も信じられない。『類は友を呼ぶ』な気がする。犬だけがかわいそうだ」「環境が広かろうが狭かろうが最後まで飼育すべき。愛犬を譲り渡したというのが信じられない。犬はただご主人と一緒にいられることが一番なのに」など、犬の元の飼い主の責任を問う声も多く見られた。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事