Record China

ヘッドライン:

室内での放尿を注意され、集団でカラオケ店を打ち壊し―北京市

配信日時:2013年6月24日(月) 0時20分
拡大
20日、北京市朝陽区のカラオケ店において、客と店員がもみ合いになり、客が仲間と共に集団で店内を打ち壊した。
(1/8枚)

2013年6月20日、北京市朝陽区のカラオケ店において、数人で訪れていた客のうちひとりの男が室内で放尿し、制止した店員ともみ合いになった。その後、怒った客らは30数名の仲間を連れてカラオケ店に乱入。店を破壊するなどして店に30万元(約480万円)以上の損害を与えた。チャイナフォトプレスが伝えた。

その他の写真

放尿を注意された男は、仲間の前で注意されたことに「メンツをつぶされた」と腹を立て、「謝らなければこの店をぶち壊す」と要求。警察への通報で一旦は引き下がったものの、多数の仲間をひき連れ、棍棒などを持って再度店を打ち壊しに来た。幸い店の従業員やほかの客に大きなけが人は出なかったが、打ち壊しは10分以上にもおよび、売り上りげなども奪われた。今のところ犯人は捕まっていないが、主犯格は薬物事件で服役し、保釈されたばかりの人物ではないかと考えられている。(翻訳・編集/YM)

関連記事

女子児童をホテルに連れ込んだ元校長、強姦の罪で13年6カ月の懲役―海南省万寧市

20日、中国・海南省万寧市の元小学校校長と元同市公務員が女子児童をホテルに連れ込んだ事件で、元校長の陳在鵬被告は強姦の罪で13年6カ月の懲役、元同市公務員の馮小松被告には同じく強姦の罪で11年6カ月の懲役が言い渡された。写真は審議が行われた裁判所。

Record China
2013年6月21日 11時20分
続きを読む

ランキング