ロッカーからスタバ?上海のスーパー内にスターバックス・デリバリーキッチンズ登場

配信日時:2019年8月12日(月) 22時50分
ロッカーからスタバ?上海のスーパー内にデリバリーキッチンズ登場
画像ID  1116063
モバイル決済にキャッシュレス化、低価格、短時間でデリバリーしてくれるサービスと、次から次へと新しいものが出て、どんどん便利になる上海の生活。今、“食後はコーヒー”派やファンには嬉しい、スターバックスの新しいデリバリーサービスがスタートしている。
モバイル決済にキャッシュレス化、そして何でも低価格、短時間でデリバリーしてくれるサービスと、次から次へと新しいものが出て、どんどん便利になる上海の生活。今回は、まだまだ進化を続ける便利なサービスの一例を紹介したい。

その他の写真

“食後はコーヒー”派やファンには嬉しい、スターバックスの新しいデリバリーサービスがスタートしている。スターバックスは、2018年に「アリババグループと提携し、オンラインでのデリバリーサービスを開始する」などいくつかの新事業について発表。当時はメディアでも大きな話題となったが、そのとき発表された新事業の一つが、「星巴克外送星厨(スターバックス・デリバリーキッチンズ/Starbucks Delivery Kitchens)」だ。

どんなサービスかというと、アリババグループの生鮮食品スーパー「盒馬鮮生(Hema Fresh)」とタイアップして、「盒馬鮮生」の店内にデリバリー専用のスポットである「自助站(Self Service Station)」を設置。スタートしたばかりなので、使い方を説明するスタッフがいる。

実際にこの「盒馬鮮生」で、このサービスを体験してみると、思っていた以上に手軽で便利だった。まず、「盒馬鮮生」の店内に入ると、目に入るのがいたるところにある緑色のスターバックスのロゴだ。ショッピングカートにもスターバックスのドリンクホルダーとQRコードがついている。そしてイートインコーナーのテーブルにもQRコードがあり、テーブルオーダーもできるようになっている。そして、店内を奥にすすむと、そこにはこぢんまりとした、デリバリーロッカーが設置されたスターバックスの「自助站(Self Service Station)」がある。

「盒馬鮮生」は、新鮮なシーフードが比較的リーズナブルに購入でき、またそれを店内で食べることもできるイートインサービスが好評。そのスーパー内に設置された「自助站」で、同時に、同じ場所でスターバックスの商品を注文、その場でピックアップすることができる。

スーパー内の買い物全てが、“盒馬”アプリを使っての注文&決済なので、一つのアプリで購入ができるところも面倒でなく便利だ。注文すると約10~15分ほどで、店内にある「自助站」に商品が到着する。商品が到着すると、スマホにもメッセージが来るので、その場で待つ必要もなく、店内で別の買い物ができる。時間短縮にもなり、待ち時間を有効に使えることで、消費者からはまずまずの評価を得ているようだ。外に出なくてもスーパー内で、並ばずに、効率よく、手軽に商品が購入できることは、スターバックスにとってもより幅広い客層にアピールすることができる。

スターバックスは、アリババグループと提携したことで、デリバリービジネスへ向けて大きく前進したが、今後の更なるサービスの拡大が注目されている。現在、この「自助站」は、杭州、上海、北京の3カ所に設置されている。(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海のスターバックス・デリバリーキッチンズ」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事