日本のイージス艦「はぐろ」は中国の駆逐艦に見劣り?中国軍事専門家の見方を中国メディアが「盲目的な自己満足」とバッサリ

配信日時:2019年8月10日(土) 12時20分
日本の「はぐろ」を酷評した中国専門家を中国メディアが「自己満」とバッサリ
画像ID  1115998
7日、新浪軍事は、日本の新たなイージス艦が中国の最新駆逐艦に及ばないという見方は「盲目的な自己満足」に陥る可能性があると指摘する文章を掲載した。資料写真。
2019年8月7日、新浪軍事は、日本の新たなイージス艦が中国の最新駆逐艦に及ばないという見方は「盲目的な自己満足」に陥る可能性があると指摘する文章を掲載した。

7月17日に進水した日本の最新イージス艦「はぐろ」について先日、中国の著名軍事専門家・張召忠(ジャン・ジャオジョン)氏が「中国の055型駆逐艦の前では見劣りする」と評するとともに、後続艦の055A型駆逐艦が米国の最新ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級フライトIIIをもしのぐと主張した。しかし記事は、「これらはあくまで未来の話だ」とした上で、中国が駆逐艦の開発に当たって日本や米国に追い付く必要がある3つの分野を挙げている。

まずは、ガスと電力によるハイブリッド推進機関(COGLAG)を挙げた。「米国の技術支援を得ている日本は艦船用エンジンで非常に先進的な技術力を持っている」とし、「こんごう」や「あたご」に採用された従来の複数ガスタービンエンジン動力システム(COGAG)とは異なり、両艦よりもはるかに排水量が大きい「はぐろ」には新世代のCOGLAGが配備されたと説明。これに対して中国はCOGAG方式に入ったばかりであり、電力推進の実現にはさらなる努力が必要だと伝えた。

次に挙げたのは、対ミサイル能力と防空能力だ。「まや」型イージス艦の1、2番艦である「まや」と「はぐろ」には、SM3迎撃ミサイルなど米国の最新艦船発射型ミサイルが集約されているとし、中国を含む他国を10~20年はリードしていると解説した。

そして3つ目は、作戦指揮システムに言及。「まや」型駆逐艦の目に見えない優位性は作戦指揮システムにあるとし、米国のイージス・ベースライン9システムに相当する「J7」基本システムが搭載されるほか、高度統合戦闘指揮所(AICIC)が多機能なコントロール台、オープンのソフトウエアの融合を実現し、戦術体制の制御に加え、操縦、工事、ナビゲーション、損害のコントロール、消火、通信などさまざまな機能も操作可能であるうえ、船の上部に備え付けられたカメラで船の周囲の状況を常にモニタリングすることができると紹介している。

記事は「まや」型は艦体設計こそやや時代遅れであるものの、各種システムの先進性は否定的できないと評価。「これらの分野で存在する技術の差について、一歩ずつ追いついて行かなければならない。盲目的な自己満足は禁物だ」と結んでいる。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ハムス***** | (2019/08/10 20:40)

    動力、対ミサイル、防空、作戦指揮システムで劣ってても対潜能力で勝れば日本など恐るるに足りず。 残念なことにそんな話は聞いたことがないけどw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tom***** | (2019/08/10 15:00)

    日清戦争における北洋艦隊の時と何も変わってないのか中国は。北朝鮮の場合、中国以上に「道理」にこだわって現実を全く顧みないからディストピアになる。そんな北朝鮮を理想とする「従北左翼」は日本にも韓国にもいるが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • chi***** | (2019/08/10 13:04)

    確かに自己満足です。キャリアの違いというものは、そう簡単に同一レベルにはなりません。 わかりやすく言えば、例えば70年以上も前に既に46センチ砲及びその弾道計算システムを作り、大和という戦艦を誕生させた日本、航空母艦を最初に作った日本と全く、そういう経験・蓄積のない中共を比較するのは乱暴な話。 また、中共は近現代海戦実戦経験が乏しいはずです。南京事件のように敵前逃亡するような士気、モラルの低さも大きな問題です。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事