Record China

ヘッドライン:

北朝鮮が新開発した国産スマホは顔・指紋認証機能付き?―中国メディア

配信日時:2019年11月13日(水) 7時0分
拡大
11日、中国メディアの海外網は、北朝鮮が新開発したスマートフォンについて紹介した。

記事によると、北朝鮮メディア「統一のこだま放送」は9日、新開発のスマートフォン「ブルースカイ」を紹介する文章を掲載。それによると、同機はAndroid 7.1.1を搭載し、バッテリーの容量は4060mAh。処理スピードが速く、高速の3D顔認識や指紋ロック解除といった機能をサポートしているほか、複数のSIMカードスロットも備えているという。

また、「統一のこだま放送」は7日、「金日成総合大学の先端技術開発院が、カメラや識別プログラムなどを組み合わせて高性能な人工知能(AI)製品を生み出した」とも発表していたという。

中国メディア・観察者網は10日付の記事で、北朝鮮がスマートフォン開発に力を入れている理由について「北朝鮮の国内ではスマートフォンに対するニーズが徐々に高まっている。スマートフォン販売によって得られる売り上げは北朝鮮にとって重要な財源の一つだ」としたほか、韓国・中小企業銀行(IBK)の朝鮮経済研究センターが昨年の12月にまとめたデータを基に、「北朝鮮のネットユーザー数は約600万人に上る」と伝えた。

観察者網はさらに、国立ソウル大学校の統一平和研究院が脱北者を対象にアンケートを行ったところ、回答者の62.9%が「北朝鮮で携帯電話を使ったことがある」という結果になったとも伝えた。(翻訳・編集/岩谷)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

白馬に乗った金正恩委員長!?この写真が意味するものは…

16日、韓国・ニュース1は、北朝鮮の金正恩委員長が白頭山で白馬に乗る姿が公開され、「非核化交渉など国政運営における重大な決定が迫っているのではないか」との見方が出ていると伝えた。白馬に乗った金委員長 写真は朝鮮民主主義人民共和国外国文出版社サイトより

Record china
2019年10月17日 22時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング