Record China

ヘッドライン:

中国人の対日観に新たな概念、「精日」って知っていますか?―華字メディア

配信日時:2019年8月9日(金) 17時20分
拡大
華字メディアの日本新華僑報網は6日、中国人の対日観について論じるコラム記事を掲載した。著者は、北京大学国際関係学院の梁雲祥(リアン・ユンシアン)教授。

梁氏はまず、日本と中国の関係について、「よく“一衣帯水”という言葉で表現される。大航海時代の前からすでに往来があり、特に近代以降、交流は一層密接になった」と紹介。「日本が中国にもたらす各種の影響は大きく、関係の良し悪しに関わらず中国人が注目し、重視せざるを得ない国となった。そのため、日本に対するさまざまな見方が生まれた」と説明した。

その上で、中国人の対日観として「知日」、「親日」、「媚日」、「精日(精神日本人)」の4つを挙げた。梁氏は「精日」を除く3つについて、「過去にもよく用いられた概念で、理解するのも難しくはない」とする。「知日」は「日本に対して知識があり、客観的かつ冷静に日本を描写することができる」、「親日」は「日本が好きで日本に接近したり、日中両国の友好を願ったりする」、「媚日」は「日本があらゆる面で中国を上回っていると考え、無原則に日本に媚び、屈服する」と解説した。

では、近年話題に上ることが多くなった「精日」は、上述の3つとどう違うのか。梁氏は、一般的な解釈として、「日本を極度に崇拝し、自国を蔑視する。自分は精神的には日本人であると考える現象」と紹介。「この言葉の出現には、第2次世界大戦の日本軍による侵略を崇拝し、中国の抗日を貶め、あざ笑う一連の行為が伴っていた」と指摘した。

実際、中国では「精日」によるものとされる騒動が相次いでいる。2017年8月には上海の抗戦記念館で5人の若者らが旧日本軍の軍服を着て記念撮影、インターネットにアップロードして非難を浴び、最終的には警察が介入した。18年2月には、南京市の紫金山にある抗日戦争の遺構前で2人の若者がやはり旧日本軍の軍服を着て記念撮影し、物議を醸した。19年5月には、中国人を「頭はブタ、身体は人」の姿に描いた漫画をネット上で公開した人物が当局に拘束された。このほか、18年3月には中国の王毅(ワン・イー)外相が公の場で精日を「中国人のクズだ」と厳しく非難した。

梁氏はさらに、「『知日』は積極的かつポジティブな対日観である。自国と関係が密接な国を理解することには、必ずや利点がある。特に、客観的に深く日本を知ることは、中国の対日政策の策定や国民の対日観にプラスの作用をもたらす」「『親日』は中性からややマイナス寄りの対日観だ。日中関係が良好な時はポジティブでプラスの意義を持つ。日中友好の促進や、各種交流活動の拡大が可能だ。だが、関係が悪化した時は、マイナスの評価が与えられる」「『媚日』は言うまでもなく非常にマイナスの対日観で、社会から広く批判を浴びる姿勢だ」などと3者を比較した。

そして、「精日」については、「新時代に出現した新しい対日観。その大部分は若者で、多くはアニメなどの文化をきっかけに日本に好意を抱き、徐々に全面的に好きになり、崇拝するまでに至る。ひどい場合は、自国の民族文化や社会現象を否定し、中国の政治道徳と合致しない行動を起こす。目下、最もマイナスに評価される対日観である」と評した。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング