Record China

ヘッドライン:

ノートルダム大聖堂修復案コンクールで中国人が優勝?真相は…―中国メディア

配信日時:2019年8月8日(木) 19時0分
拡大
2019年8月8日、中国のニュースサイトの中国新聞網は、「パリのノートルダム大聖堂修復案コンクールで中国人が優勝?真相は…」とする記事を掲載した。

記事は、「中国のSNS上で最近、『ノートルダム大聖堂修復案コンクールで中国人が優勝した』とする情報が拡散し、中国人デザイナーの修復案が実際に採用されると誤解している人も一部にいるようだ」とした上で、「同コンクールは米国の出版社GoArchitectが企画したもので、フランス当局とは一切関係ない」と伝えた。

中国のニュースサイトの澎湃新聞によると、GoArchitecは6日、今年4月に火災で損傷したノートルダム大聖堂の修復案を募るコンクールで、中国人デザイナーのZeyu Cai氏とSibei Li氏による修復案「Paris Heartbeat」が優勝したと発表していた。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国の人気寺院で火災、原因は献香客の殺到と「ある行動」

6日、日本では初詣の客で神社や寺院が混雑するのは新年の風物詩となっているが、中国でも旧正月の大みそかや新年に寺院に訪れる風習がある。その際に献香し願い事をするのだが、5日未明には線香が多すぎて火災が発生するトラブルが四川省の成都市で発生した。

WORLD VIDEO
2019年2月7日 21時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング