ノートルダム大聖堂修復案コンクールで中国人が優勝?真相は…―中国メディア

配信日時:2019年8月8日(木) 19時0分
ノートルダム大聖堂修復案コンクールで中国人が優勝?真相は…
画像ID  1115778
8日、中国のニュースサイトの中国新聞網は、「パリのノートルダム大聖堂修復案コンクールで中国人が優勝?真相は…」とする記事を掲載した。
2019年8月8日、中国のニュースサイトの中国新聞網は、「パリのノートルダム大聖堂修復案コンクールで中国人が優勝?真相は…」とする記事を掲載した。

記事は、「中国のSNS上で最近、『ノートルダム大聖堂修復案コンクールで中国人が優勝した』とする情報が拡散し、中国人デザイナーの修復案が実際に採用されると誤解している人も一部にいるようだ」とした上で、「同コンクールは米国の出版社GoArchitectが企画したもので、フランス当局とは一切関係ない」と伝えた。

中国のニュースサイトの澎湃新聞によると、GoArchitecは6日、今年4月に火災で損傷したノートルダム大聖堂の修復案を募るコンクールで、中国人デザイナーのZeyu Cai氏とSibei Li氏による修復案「Paris Heartbeat」が優勝したと発表していた。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事